文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
ふりがな
表示
音声
読み上げ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 携帯サイト
  • 山梨県ホームページ

ホーム > 山梨県職員の職種について > 各職種の紹介(研究職)

ここから本文です。

更新日:2021年1月25日

各職種の紹介(研究職)

研究職(産業労働部)の業務内容

研究職には、機械、金属、電気、電子、化学、繊維、デザインなどの職種があり、それぞれの専門分野で、技術支援、研究開発、人材育成、情報提供、事業化支援等の県内中小企業支援業務に携わります。

技術支援では、企業から寄せられる技術的課題に対して県が保有する設備を使用した試験や分析などを行い、課題解決につなげていきます。また、直接企業を訪問することで、業界動向や企業ニーズ、課題などの情報収集や現場での支援も行います。

研究開発では、時代の動向と県内企業のニーズを的確に把握し、県内産業の発展に資する新技術や新製品の開発を目指して、県内企業や大学等との産学官連携による共同研究などに取り組みます。得られた成果は、成果発表会や報告書などにより、県内の中小企業に情報提供します。

人材育成では、中小企業の技術者を対象として、県で保有する試験設備の使用方法等幅広い分野の技術習得を目的とした講習会などを実施しています。

事業化支援では、企業の製品開発を支援するオープンイノベーションを推進するとともに、研究開発成果の技術移転に取り組みます。

ページの先頭へ戻る

配属所属・職員数

【本庁】成長産業推進課、産業振興課   2名

【出先機関】産業技術センター(甲府市、甲州市、富士吉田市)  61名

総合理工学研究機構   1名

産業技術短期大学校   1名

(令和2年10月現在)

ページの先頭へ戻る

異動について

各配属所属間での異動があります。

ページの先頭へ戻る

研究職(産業労働部)のやりが

県内中小企業等の技術的に困難な課題を解決することで、新技術や新製品の開発につながるなど、取り組んだ業務内容が実際に企業の生産現場で役立つ仕事には大変やりがいを感じることができます。

また、業務を進めるうえでは、職員間のチームワークがとても重要であり、目標に向けてそれぞれが常に自己研鑽を行い、切磋琢磨することで、目標を達成したときの歓びをともに分かち合うことができます。

更に、多くの職員が、日々の技術支援や研究開発等で得られた成果に対して、学会賞を受賞したり、長年培った技術が認められ、博士の学位や技術士の資格を取得したりしています。

ページの先頭へ戻る

研究職(産業労働部)を志すひと

県内中小企業が直面している技術的課題等について、今まで修得した自分の専門分野の知識や技術を活かし、自ら解決方法を考え、行動します。

また、自己研鑽を重ねる中で、より大きな成果を実感することができるとても魅力的な仕事です。

ぜひ一緒に働きませんか。

ページの先頭へ戻る

先輩職員の体験

◆「先輩職員の声」は、中堅職員の業務の様子やメッセージが掲載されています。是非、参考にしてみてください。

【先輩職員の声】

令和2年度

先輩職員の声

2019年度

先輩職員の声

 【2年目職員の体験談(年度は各採用年度)】

平成31年度

2年目体験談

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

山梨県人事委員会事務局

住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1

電話番号:055(223)1821

ファックス番号:055(223)1819