文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
ふりがな
表示
音声
読み上げ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 携帯サイト
  • 山梨県ホームページ

ホーム > 山梨県職員の職種について > 各職種の紹介(獣医師職)

ここから本文です。

更新日:2021年5月31日

各職種の紹介(獣医師職)

【 獣医師は選考試験です。選考試験の情報についてはこちらをご覧ください。→ その他選考試験 】

福祉保健部(衛生)

獣医師職(福祉保健部)の業務内容

獣医師職の職員は、保健、医療、生活環境を含む公衆衛生の向上を図り、県民の健康増進や福祉の充実を目指す業務に携わっています。
具体的には、本庁では、食品衛生業務や動物愛護管理業務、感染症予防業務に係る施策の企画・立案、事業の進行管理、予算編成、国との連携・調整などを行っています。
出先機関では、保健所では、動物愛護管理業務や狂犬病予防業務、食品営業施設、旅館、公衆浴場、理・美容所等の監視及び指導、食中毒調査、食品衛生の普及啓発など、衛生環境研究所では、食中毒、感染症等の細菌、ウイルス検査及び調査研究、食肉衛生検査所では、牛、豚、鶏等の食肉検査、残留農薬、病原微生物等の試験検査及び調査研究、動物愛護指導センターでは、犬、猫の飼い方教室、動物ふれあい教室などを行っています。

福祉保健部の先頭へ戻る

配属所属・職員数

【本庁】衛生薬務課・健康増進課 
【出先機関】保健福祉事務所[保健所](韮崎市、山梨市、富士川町、富士吉田市)・衛生環境研究所(甲府市)・食肉衛生検査所(笛吹市)・動物愛護指導センター(中央市)

福祉保健部 職員数:本庁関係課に5名、出先機関の保健所に8名、衛生環境研究所に1名、食肉衛生検査所に14名、動物愛護指導センターに2名の計30名が配属されており、その他に中核市の甲府市保健所に2名出向しています。(令和2年10月1日現在)

福祉保健部の先頭へ戻る

異動について

3年程度で本庁・出先機関を異動します。

福祉保健部の先頭へ戻る

獣医師職(福祉保健部)のやりが

県職員としての公衆衛生・動物愛護に携わる獣医師職の業務の内容は、人々の生活や健康に大きく貢献するもので、県民や地域と直接関わる仕事が多くあります。
配属先によって業務の内容は異なりますが、多くの所属を経験することにより幅広い知識を習得し、問題解決能力を身につけることができ、それを業務に生かしていけるところにやりがいを感じられます。

福祉保健部の先頭へ戻る

獣医師職(福祉保健部)を志すひと

公衆衛生分野における公務員獣医師の職域は非常に広く、社会に役立つ仕事がたくさんあります。
公衆衛生・動物愛護に関する法律を理解して、県民全体のためにそれをどう運用していくのか考えること、普及させていくことは公務員だけができる重要な仕事です。
また、様々な職場を経験することによって、多くの技術や知識を身につけ、周りの人との関わりを広げる事ができます。

ぜひ、公務員獣医師という職種に興味を持っていただきたいと思います。

福祉保健部の先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

農政部(農政)

獣医師職(農政部)の業務内容

獣医師の仕事は幅広い分野に及びますが、大きく分けると、公衆衛生分野と家畜衛生分野に分かれます。山梨県では、公衆衛生分野は福祉保健部、家畜衛生分野は農政部が担当しています。
農政部の獣医師は、山梨県の畜産振興を図るため、専門知識と技術を活かし、家畜防疫、衛生指導、獣医事・薬事などの仕事に従事するほか、家畜の改良増殖や家畜の飼養管理技術、飼料作物の品種改良及び栽培技術に関する試験研究などに取り組んでいます。また、畜産農家の指導にも携わっています。

農政部の先頭へ戻る

配属所属・職員数

【本庁】畜産課
【出先機関】東部家畜保健衛生所、西部家畜保健衛生所、畜産酪農技術センター

職員数:30名(令和2年10月現在)

農政部の先頭へ戻る

異動について

基本的には、2~3年の間隔で異動することになります。採用後は、家畜保健衛生所、畜産酪農技術センターのいずれかの出先機関へ配属。現場経験を積んでもらい、公務員としての自覚、やりがいを体感してもらいます。
また、若手層のキャリアアップを図るため、原則として、技師・主任の在職中に一度は本庁に配属し、一般行政を経験してもらう方針です。

農政部の先頭へ戻る

獣医師職(農政部)のやりがい

獣医師としての知識や技術を活かし、安全・安心な畜産物を提供する仕事に携わることにより、県民の食生活や健康増進に直接寄与することができる、やりがいと使命感のある仕事です。また、一般的に知られている動物を扱う獣医師の仕事だけでなく、一般行政、試験研究、農家指導など本県の農業や畜産業の発展のために幅広い仕事に従事できることも魅力のひとつです。

農政部の先頭へ戻る

獣医師職(農政部)をすひとへ

近年、豚熱や高病原性鳥インフルエンザなど人との関わりが報告されている疾病の発生に伴い、これまでの伝染病の発生予防やまん延防止に加えて、安全・安心な畜産物の生産をサポートするなど、獣医師職の役割はますます重要になっています。
決して華やかな仕事ではありませんが、獣医学で培った知識や技術を大いに発揮できる仕事ですので、熱意のある若い方にチャレンジしてほしいと思っています。

農政部の先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

先輩職員の体験

◆「先輩職員の声」は、中堅職員の業務の様子やメッセージが掲載されています。また、「2年目職員の体験談」は、採用2年目を迎えた若手職員からの採用後の様子や感想を見ることができます。是非、参考にしてみてください。

【先輩職員の声】

令和2年度

先輩職員の声(衛生)  先輩職員の声(農政)


2019年度

先輩職員の声(衛生)  先輩職員の声(農政)


平成30年度

先輩職員の声(農政)


平成29年度

先輩職員の声(衛生)


           

                       

 


【2年目職員の体験談(年度は各採用年度)】

令和2年度

2年目体験談(衛生) 2年目体験談(農政)


平成31年度

2年目体験談(農政)


平成30年度

2年目体験談(衛生) 2年目体験談(農政)


平成29年度

2年目体験談(農政)


 

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

山梨県人事委員会事務局

住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1

電話番号:055(223)1821

ファックス番号:055(223)1819