トップ > イベントカレンダー > 「ジュエリーをたのしむ3 -水晶とメノウ-」【山梨ジュエリーミュージアム】

発表日:2020年6月3日

ここから本文です。

「ジュエリーをたのしむ3 -水晶とメノウ-」【山梨ジュエリーミュージアム】

 水晶とメノウは、見た目では別の種類の石のように見えますが、同じ石英の仲間です。石英は地球上でもっともよく見られる鉱物で、世界各国で産出されます。水晶といえば無色透明の石英を指しますが、色の違いによって紫水晶や黄水晶、ローズクォーツなどの名がつけられています。メノウは微細な石英結晶の集合体で、多くは不透明で、縞状の模様があるものを指します。内包物を含み縞模様のないものもあります。メノウは自然にはない鮮やかな色彩を生み出すため、染色加工が施されることも多い素材です。
水晶やメノウは古くから装身具に使用されてきた身近な宝石ですが、個性的なジュエリーを生み出す素材としても近年注目されており、より魅力的なジュエリーを目指して新しい挑戦がなされています。
山梨ではかつて水晶が多く採掘され、古くから根付や守り玉、置物などの製品が作られてきました。明治26年頃に水晶工芸と貴金属加工の技術が結びつき、水晶のジュエリーが生み出され、以来、日本有数の宝飾産地として山梨では様々なデザイン・価格帯のジュエリーが制作されています。
本企画展では、伝統的なデザインのジュエリーからモダンなデザインのジュエリーまで、水晶やメノウを用いた多彩なジュエリーを紹介いたします。

古屋

カメオ・インタリオ

シミズ貴石

桔梗カットネックレス

篠原貿易

リング

フリージア

ネックレスRace Workシリーズ

開催日時

  • 2020年3月20日(金曜日)から2020年10月19日(月曜日)

開館時間 10時00分~17時30分(入館は開館の30分前まで)
休館日  火曜日、9月23日(水曜日) ※9月22日(火曜日・祝日)は開館
展示室  山梨ジュエリーの今

開催場所

名称 山梨ジュエリーミュージアム
住所 山梨県甲府市丸の内1-6-1(山梨県防災新館1階)
電話番号 055-223-1570
ファックス番号 055-223-1572
ホームページ 山梨ジュエリーミュージアム

交通手段

JR甲府駅南口から徒歩7分

料金

無料

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部宝石美術専門学校 
住所:〒400-0031 甲府市丸の内1-16-20 ココリ内
電話番号:055(223)1570   ファクス番号:055(233)1572

お問い合わせは山梨ジュエリーミュージアムまでお願いします。
(055(223)1570)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について