トップ > 組織から探す > 秘書課 > 手づくり山梨の魅力発信 > やまなしスタイル(山梨の魅力を発信するコミュニティラジオ番組)

更新日:2018年9月19日

ここから本文です。

やまなしスタイル(山梨の魅力を発信するコミュニティラジオ番組)

平成30年4月からコミュニティラジオを活用して、山梨の魅力の情報発信に取り組んでいます。

山梨に魅せられ、移住し、山梨で活躍している人々や、いったんは故郷山梨を離れたものの、山梨の良さを再認識して戻って活動されている人々を紹介していきます。

山梨への移住やUターンの理由、山梨への思い、移住・定住後のエピソードなどを聞くことで、あなたの知らなかった山梨の新たな魅力がみつかるかも?

番組(コーナー)紹介

放送ラジオ局

エフエム甲府(76.3MHz)

放送日時

毎月第3水曜日13時30分頃から(15分程度)

コーナー名

やまなしスタイル(毎週水曜日放送の「ケミかるベース」の1コーナーとして放送)

ケミかるベースHP:http://www.fm-kofu.co.jp/program/kemikaru/(外部リンク)

 

次のサイトの「インターネットサイマル放送」を通じて、山梨県内外で番組を聴くことができます。

エフエム甲府HP(ラジオの聴き方):http://www.fm-kofu.co.jp/listen/(外部リンク)

 放送案内

第6回放送(平成30年9月19日(水曜日)13時30分~)

キーワード

発酵食品

出演者

五味洋子さん(五味醤油店株式会社)、桑本尚也さん(発酵酒場かえるのより道)

内容

五味洋子さんは、東京の大学へ進学し一旦は東京で就職しましたが、その後山梨へ戻り、お兄さんである仁さんと一緒に家業を継ぎ、甲州味噌を使ったワークショップの開催等に取り組まれています。

桑本尚也さんは、学生時代は東京で過ごしましたが、その後山梨に戻り飲食店について勉強し、2015年に発酵をテーマにした居酒屋を開業されました。

 

そんなお二人に、山梨の発酵における食文化や、それを広めていくための取り組みなどお聞きします。

情報発信

やまなしスタイルの情報は以下のサイトに随時掲載します。

放送ではお伝えしきれなかった収録秘話なども掲載してまいりますので、是非ご覧ください。

<ツイッター>
https://twitter.com/yamanashi_style
<facebook>
https://www.facebook.com/yamanashistyle/

過去の放送内容

第1回放送(平成30年4月18日(水曜日)13時30分~)

キーワード

ブドウとワイン

出演者

鈴木順子さん(旭洋酒有限会社)、大木貴之さん(ワインツーリズムプロデューサー)

内容

鈴木順子さんは、東京から山梨市に移住され、40年以上の歴史を持つ旭洋酒(有)を引き継ぎ、ご主人の剛さんとワイン醸造に取り組まれています。

大木貴之さんは、一旦は東京で就職されましたが、19年前に山梨へUターンし、甲府の中心街で飲食店を経営しながら、ワインツーリズムのプロデュースをされています。


そんなお二人に、ブドウやワインへの思いや、山梨での生活の魅力などお聞きしました。

放送ダイジェスト
 鈴木 順子 さん の考える「山梨の魅力」
  •  自然環境がすばらしく、物事に集中して取り組める環境であること
  •  様々な分野の産業を介して、自分を表現できる環境であること
 大木 貴之 さん の考える「山梨の魅力」
  •  知っている人が周囲に多いことで、リラックスして仕事ができること
  •  知らない人があまりいないので、気を張らずに過ごすことができ、ストレスが少ないこと

 第1回放送内容のまとめ(PDF:134KB)

 

第2回放送(平成30年5月16日(水曜日)13時30分~)

キーワード

甲府中心街の活性化

出演者

池谷直樹さん(酒場日々)、福島敏三さん(オリゾンチス)

内容

甲府の中心街に位置するオリオンイーストに昨年オープンした「酒場日々」店主の池谷さんは、静岡の出身。
東京の居酒屋で働いていたところ、独立を機に山梨へ移住し、今のお店を開きました。
お酒と魚とおばんざいがオススメの居心地良いお店を経営され、甲府中心街に賑わいをもたらしています。

福島敏三さんは、神奈川の出身。教育関係の仕事を退職された後、山梨へ移住しました。オリオンイーストに雑貨店「オリゾンチス」を経営しながら、商店街の理事長を務め、甲府中心街の賑わいづくりに励んでいます。

そんなお二人に、山梨や、甲府の中心街の魅力についてお聞きしました。

放送ダイジェスト
 池谷 直樹 さん の考える「山梨の魅力」
  •  自然豊かで、子育てがしやすい環境があること
  •  ⽔がおいしく、素材の良い⾷べ物がたくさんあること
  福島 敏三さん の考える「山梨の魅力」 
  •  南アルプスの山々を代表に、⾃然の魅⼒が豊かなこと
  •  県外から来た方を快く受け入れてくれる環境があり、新しい人生の出発点として最適な場所であること

第2回放送内容のまとめ(PDF:124KB)

 

第3回放送(平成30年6月20日(水曜日)13時30分~)

キーワード

地域おこし協力隊
(地域おこし協力隊とは、地方自治体が地域外の人材を募集し、1~3年程度の任期中にその地域に住みながら、農林水産業の応援などの地域協力活動を行ってもらう制度です。)

出演者

梅澤寛人さん(身延町地域おこし協力隊)、赤松智志さん(ふじよしだ定住促進センター)

内容

群馬県出身の梅澤寛人さんは、地域おこし協力隊として身延町に移住し、あけぼの大豆の加工や販売を行っています。大豆を使ったお茶「ソイコティー」を考案して、身延町の魅力を高めています。

富士吉田市の地域おこし協力隊で空き家の再生に関わっていた赤松智志さんは、協力隊の任期終了後も山梨に定住し、ゲストハウスSARUYAを立ち上げました。現在では、ふじよしだ定住促進センターのスタッフとして、地域の活性化に努めています。

 

「地域おこし協力隊」として県外からいらっしゃったお二人に、山梨にやってきた理由や、山梨の魅力について、お話をお聞きしました。

放送ダイジェスト
  梅澤 寛人 さん の考える「山梨の魅力」
  •  人々とのつながりや温かみ
  赤松 智志 さん の考える「山梨の魅力」 
  •  都⼼からの距離の近さ、アクセスの良さ
  •  新事業を始めるにあたって、競合他社の数が程よく、挑戦しがいのある土地であること

第3回放送内容のまとめ(PDF:134KB)

 

第4回放送(平成30年7月18日(水曜日)13時30分~)

キーワード

山梨と自然

出演者

三井恒夫さん(ペンション「ヒュッテ・グーテライデ」オーナー)、持留・ヨハナ・エリザベートさん(モチドメデザイン事務所)

内容

三井恒夫さんは、山梨の自然の豊かさと地域活動の素晴らしさに惹かれ、北杜市清里に移住。ペンションを経営する傍ら、「北杜市シェフズバル」の開催など、地域の方と共に地域の魅力を高める活動に取組んでいます。

持留・ヨハナ・エリザベートさんは、山梨の田畑の景観や自然に惹かれ、北杜市高根町に家族で移住。畑仕事を楽しみながら、デザイン業を営むほか、今では県内の古い木造建築の保存活動なども行っています。

そんなお二人に、山梨の自然豊かな環境・生活の中で見つけた新たな『楽しみ』や『やりがい』についてお話を伺いました。

放送ダイジェスト
  三井 恒夫 さん の考える「山梨の魅力」
  •  都⼼からの距離の近さと自然の豊かさ
  •  食の豊かさと人の素晴らしさ
  持留・ヨハナ・エリザベート さん の考える「山梨の魅力」 
  •  「わりいじゃん」「いいさよ」ありがたくお世話になったり、できるときにはできることをしたり、そんな心の通うやりとり

第4回放送内容のまとめ(PDF:131KB)

 

第5回放送(平成30年8月15日(水曜日)13時30分~)

キーワード

⼭梨での創作活動

出演者

野田沙織さん(造形作家)、岩下寬さん(弦楽器製作家)

内容

野田沙織さんは、南アルプス市で、Atelier Bond(アトリエボンド)を運営し、「いす」、「棚」など家具の受注販売や、「ブローチ」などの木工製品の製作を行っています。東京やドイツで美術に触れ、出身地の山梨に戻ってきました。。

岩下寬さんは、韮崎市で、Iwashita Mandolins & Guitars(イワシタマンドリン&ギターズ)を運営し、「マンドリン」や「ギター」の製作、修理を行っています。東京で楽器製作を学び、出身地の山梨に戻ってきました。

山梨で創作活動をしているお二人。なぜ創作活動の場に「山梨」を選んだのでしょうか。そこには、お二人が共通して考える重要な要素がありました。お二人が考える山梨の魅力についてお話を伺いました。

放送ダイジェスト
  野田 沙織 さん の考える「山梨の魅力」
  •  景色の美しさと、四季を肌で感じられること
  •  豊かな自然の中で生きていられる贅沢さ
  岩下 寬 さん の考える「山梨の魅力」 
  •  自然が豊かで、都会に比べてのんびりしていること
  •  自分のやりたいことに集中できる環境

第5回放送内容のまとめ(PDF:137KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総合政策部秘書課 担当:秘書担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1504   ファクス番号:055(223)1303

広告スペース

広告掲載について