トップ > やまなしグリーンパスの開始について

更新日:2022年6月20日

ここから本文です。

やまなしグリーンパスの開始について

目的

ワクチン3回目接種者の増加によって、新型コロナウイルス感染症に対する社会全体の感染抑制効果が高まる中、ワクチンの接種証明等を用いたグリーン・ゾーン認証基準の緩和を実施し、感染症対策と経済活動のバランスを取りながら、コロナ前の日常生活への回復につなげる。

 

やまなしグリーンパス実施要領(PDF:97KB)

開始日

令和4年6月1日(水曜日) 

 

実施施設

県内に所在する施設で、以下の条件を全て満たすもの(実施は任意)。

やまなしグリーン・ゾーン認証(追加対策対応済)を取得していること。

完全個室(壁や扉で他の空間と完全に区切られているところ)や貸切において、他グループと空間を分けることができるスペースを有していること。 

実施内容

ワクチン予防接種済証等の提示により、実施施設で予約を受けた完全個室や貸切で行われる会食等において、認証基準を一部緩和。なお、実施にあたり県への申請や登録は不要。

 [緩和内容]※1つを選択

  • パーティション撤去及び大皿料理提供禁止の解除
  • 2時間以内を目安としている時間制限を4時間まで緩和

実施手順(利用者の皆様)

認証基準を一部緩和した会食等を実施する手順は、以下のとおりです。

※グリーンパスを実施しているか必ず施設に確認をしてください(実施をしていない施設もあります)。

(1)グリーン・ゾーン認証施設(追加対策対応済)に会食等の予約。以下(a)、(b)のうち、1つ希望するものを選択してください。

 [緩和内容]※1つを選択

(a)パーティション撤去及び大皿料理提供禁止の解除

(b)2時間以内を目安としている時間制限を4時間まで緩和 

 

 

(2)予約をされた代表者の方から、参加されるすべての方に、必ず、下記1.及び2.の書類を持参することを依頼してください 

 ★持参書類 

1.下記 (a) 、 (b) 、(c)のうち証明書をいずれか1つ

(a)ワクチン予防接種済証又は接種記録書(原本・コピー・写真・電子版かかりつけ連携手帳・国が開発したワクチン接種証明アプリ「新型コロナワクチン接種証明書」)

→3回目接種が確認できるもの

(b)抗原定性検査(簡易キット)による陰性証明書

→入店1日前以内に検体を採取した検査であるもの

(c)PCR検査または抗原定量検査による陰性証明書(宅配キットを除く)

→入店3日前以内に検体を採取した検査であるもの

12歳未満 同居する親等の監護者が同伴する場合には、上記(a) 、(b)、(c)の証明書は不要

 

2.本人確認ができる書類(運転免許証、保険証、マイナンバーカードなど)

 

 

 

(3)来店時、参加者全員が施設の方に、証明書及び本人確認書類を提示してください。施設の確認を受けた後、LINEコロナお知らせシステムを読み込み、会食等を実施してください。 

 

【注意点】

ワクチン接種済者等でも感染リスクがあるため、マスクを外した会食などはしないでください。

感染状況等によりグリーンパスによる基準緩和を停止することがございます。

実施手順(施設の皆様)

やまなしグリーンパスによる会食等を実施する場合は、以下の点を遵守し、実施してください(※実施にあたり県への申請や登録は不要です。またグリーンパスを利用しない通常の会食等を開催する場合は、認証基準を遵守の上、実施をお願いします。)

 

(1)予約受付時

1. 施設のホームページ等により、グリーンパスが実施可能である旨の周知してください 

施設掲示用のちらし(PDF:382KB)(参考例です。ご自由にお使いください)

2. 予約者がグリーンパスでの会食等を希望する場合、予約された代表者を通じ、参加されるすべての方に下記の1.及び2.の書類を持参することを依頼。

 

1.下記 (a) 、 (b) 、(c)のうち証明書をいずれか1つ

(a)ワクチン予防接種済証又は接種記録書(原本・コピー・写真・電子版かかりつけ連携手帳・国が開発したワクチン接種証明アプリ「新型コロナワクチン接種証明書」)

→3回目接種が確認できるもの

(b)抗原定性検査(簡易キット)による陰性証明書

→入店1日前以内に検体を採取した検査であるもの

(c)PCR検査または抗原定量検査による陰性証明書(宅配キットを除く)

→入店3日前以内に検体を採取した検査であるもの

12歳未満については、同居する親等の監護者が同伴する場合には、上記(a) 、(b)または(c)の証明書は不要  

 2.本人確認ができる書類(運転免許証、保険証、マイナンバーカードなど)

 3. 予約代表者への緩和の意向確認。以下(a)、(b)のうち、1つ希望するものを確認。

 [緩和内容]※1つを選択

(a)パーティション撤去及び大皿料理提供禁止の解除

(b)2時間以内を目安としている時間制限を4時間まで緩和

 (2)施設利用時

 1. 当日受付等において、チェックリスト(参考様式1)等により、参加者全員のワクチン予防接種済証等の確認及び本人確認書類を照合してください。

★確認事項

ワクチン予防接種済証または接種記録書:3回目接種をしているか

抗原定性検査(簡易キット)による陰性証明書:入店1日前以内に検体を採取した検査か

PCR検査または抗原定量検査による陰性証明書:入店3日前以内に検体を採取した検査か

 

(参考様式1)チェックリスト(PDF:57KB)

 ※グリーンパス利用時には必ず入店管理簿の作成をお願いいたします。

2. 参加者へのLINEコロナお知らせシステムの読み込みの徹底してください。

 やまなしLINEコロナお知らせシステムについては、こちら

 
(3)会食等実施後
 グリーンパス実施記録書(様式1)に内容を記載し、最低1ヶ月間の保管(県への報告は不要)

(様式1)グリーンパス実施記録書(PDF:109KB)

 

【注意点】

6歳未満の児童について、一見してわからない場合は、健康保険証等で年齢確認をしてください。

接種を行ったものの、証明書等を忘れた方や、接種をしていない方で陰性証明書を忘れた方がいた場合については、最低限、その方のみ、基準の緩和はしないよう対応をお願いします(ex.パーティションの設置や、席の1m以上の確保など) 

 ワクチン接種済者等でも感染リスクがあるため、飲食をする時以外はマスクを着用するなど、緩和する対策以外については、引き続きグリーン・ゾーン認証基準に沿った対策をお願いします。 

グリーンパスによる基準緩和の停止

以下の場合は、感染状況等を勘案し、必要に応じ基準の緩和を停止する。

(1)グリーンパスによる基準を緩和した宴会において、感染連鎖が複数確認された場合

(2)県内において、感染拡大の傾向が見られる場合

 

抗原定性検査による陰性証明書を発行できる薬局について

持参する証明書(b)抗原定性検査(簡易キット)による陰性証明書は以下の薬局で発行が可能です。

※費用については薬局に直接お問い合わせ下さい。

薬局一覧(PDF:92KB)

※順次更新します。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県知事直轄組織グリーン・ゾーン推進グループ 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1318  

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について