トップ > やまなしグリーンパス実証事業について

更新日:2021年10月15日

ここから本文です。

やまなしグリーンパス実証事業について

山梨県ではワクチン接種者の増加に伴い、ワクチンの感染抑制効果に応じたグリーン・ゾーン認証基準のあり方を検討するため、ワクチン接種の有無等に着目した日常の回復に向けた実証事業を行います。

「やまなしグリーンパス実証事業」とは

  山梨県では、新型コロナウイルス感染拡大防止と社会経済活動の両立を目指し、飲食店等の感染症対策を公的認証する制度「やまなしグリーン・ゾーン認証」を推進しております。

 この度、「やまなしグリーンパス実証事業」のステップ1として、認証施設において、やまなしグリーンパス(※)の提示により、人数制限のない個室での宴会において、認証基準の一部を緩和する実証事業を実施します。

 ただし、県内の病床使用率がステージ3相当未満および新たな変異株の出現がないこと等が条件となり、感染状況等を踏まえて、実証事業が中止となる場合がございます。

 

(※やまなしグリーンパスとは)

 本県独自のワクチン・検査確認手法で以下のものが利用可能。

  • 新型コロナウイルス ワクチン予防接種済証または接種記録書(原本・コピー、写真)
  • 電子版かかりつけ連携手帳
  • ワクチン接種証明アプリ「harmo(ハルモ)」
  • PCR検査陰性証明書(宅配PCR検査を含む)
  • 抗原検査陰性証明書(医療機関において発行)
  • 抗原検査陰性確認書(クスリのサンロードにおける抗原キットでの検査により発行)

 上記書類のいずれか1つ 及び 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、保険証など)

 

 

 

利用者(県民)の皆様

 

やまなしグリーンパス実証事業を利用した宴会の流れは以下のとおりです。 

 

1 以下の施設に宴会の予約をします。

 

 ※予約する際、必ず、「やまなしグリーンパス実証事業」での予約の旨をお伝えください。

 ※利用者全員が、山梨県民であることが条件です。

 

 

2 予約代表者は参加者全員に、以下の(1)及び(2)の書類を持参することを周知してください。

 (1)下記a~dの証明書をいずれか1つ

 a.ワクチン予防接種済証または接種記録書(2回目接種後、2週間が経過しているもの)

  紙・画像データ・電子版かかりつけ連携手帳(詳しい詳細はこちら)・ワクチン接種証明アプリ「harmo(ハルモ)」

  (※現在androidでのharmoのダウンロードはできません)のいずれかが利用可能

 b.PCR検査陰性証明書(宴会開始前72時間以内に検査を受け医療機関が発行したもの)

 c.抗原検査陰性証明書(宴会開始前24時間以内に検査を受け医療機関が発行したもの)

 d.抗原検査陰性確認書(※1)

(※1) クスリのサンロードにおいて抗原検査キットでの検査により発行。詳しい内容については、こちら

 

 

 (2)本人確認ができる書類(マイナンバーカード、運転免許証、保険証など)

 

 

 

3 当日、受付等において、各人が(1)および(2)の書類を宴会場スタッフに提示してください。 

 

 

4 宴会場に入る際、やまなしLINEコロナお知らせシステムを読み込んでください。 

やまなしLINEコロナお知らせシステムは、万が一、感染連鎖が発生した場合に、県から連絡がいくシステムです。

詳しい内容については、こちら

 

 

5 アンケート(QRもしくは紙)にご協力ください。

アンケートについては、今回の実証事業の検証する際、重要な判断指標となるものですので、ご協力をお願いいたします。 

 

 

 

(主な注意事項)

今回の実証事業において行われる宴会についても、感染リスクはゼロになるわけではありません。

また、ワクチン接種者等でも、感染リスクはありますので、必ず施設内の感染対策ルールに従ってご利用をお願いいたします。

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部グリーン・ゾーン推進課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1318  

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について