トップ > くらし・防災 > 文化芸術 > 文化財 > 山梨の文化財リスト(天然記念物) > 山梨の文化財ガイド(データベース)天然記念物03

更新日:2016年9月7日

ここから本文です。

 山梨の文化財ガイド(データベース)天然記念物03

[目次]

 

「山梨の文化財ガイド」ホームへ 

前へ

次へ

 

 

 

 

 N0021

国指定 天然記念物

山中のハリモミ純林

  • 山中のハリモミ純林

やまなかのはりもみじゅんりん / 昭和38年1月18日指定 / 山中湖村山中字沖新畑 / 山中湖村

山中のハリモミ純林は海抜950mの沖新畑地区にあり、山中湖と忍野盆地の間にある。大正6年(1917)富士山麓にやってきたアメリカのアーノルド樹木園職員ヘンリー・ウイルソンはこの林をみて「天下一品」と絶賛したという。またこの純林は江戸時代には幕府の御巣鷹林と称して禁伐されており、明治以降も御料林もしくは国有林として保護されていた。

 N0022

国指定 天然記念物

神座風穴

  • 神座風穴 附 蒲鉾穴および眼鏡穴

じんざふうけつ つけたり かまぼこあなおよびめがねあな / 昭和4年12月17日指定 / 鳴沢村軽水 / 鳴沢村

三洞穴の所在地一帯は、大室山の東麓にある背負子及び神座山の間を流れた青木ヶ原溶岩流の分布地で、海抜約1,260m、溶岩流は北に3~6度傾斜を示す。蒲鉾穴は神座風穴にほぼそって分布し、眼鏡穴は神座風穴の末端近くに位置する。

 N0023

国指定 天然記念物

鳴沢氷穴

  • 鳴沢氷穴

なるさわひょうけつ / 昭和4年12月17日指定 / 鳴沢村軽水 / 鳴沢村

鳴沢氷穴は、鳴沢村の県有林内にあり、標高1,025 メートルに位置する溶岩洞穴である。この溶岩は大室山付近から流出したもので、北に2~3 度の緩斜面を示しながら御坂山系の足和田山に達している。途中には二つの大広間とでも言うべき空間があり、天井には溶岩鍾乳石が見られる。さらに氷池と呼ばれる場所には天然氷がみられるなどが特色とされている。

 N0024

国指定 天然記念物

大室洞穴

  • 大室洞穴

おおむろどうけつ / 昭和4年12月17日指定 / 鳴沢村軽水 / 鳴沢村

大室洞穴は大室山の北麓にあり、その海抜は1,190mである。現在入口が埋没され、入洞することができないが、小川孝徳氏によれば、内部は大きな陥没孔の入口部の下方に洞窟生成後流れてきた溶岩流で削られてできた狭小な洞窟がのびており、末端部は溶岩舌の状態で終わるとしている。

 N0026

国指定 天然記念物

本栖風穴

  • 本栖風穴

もとすふうけつ / 昭和4年12月17日指定 / 富士河口湖町本栖 / 富士河口湖町

本風穴の所在地は青木ヶ原溶岩流の南西辺にあたり、北に2~7度傾斜を示す。本栖第一風穴及び本栖第二風穴以外に4つ風穴がある。第一風穴本洞の長さは494m前後で、本洞の長さからみると富士北麓溶岩洞穴中でも極めて長い方である。

 N0027

国指定 天然記念物

富岳風穴

  • 富岳風穴

ふがくふうけつ / 昭和4年12月17日指定 / 富士河口湖町青木ヶ原 / 富士河口湖町

風穴の総延長は258.7mで、富士北麓の溶岩洞穴の中では中規模である。特に延長80m以上という大支洞をもつことも1つの特徴である。本洞の幅は4~10m、高さは平均2~3mであるが、ところによっては0.9mあるいは6mというところもある。なお本洞の最も奥部には見事な縄状溶岩が形成されている。

 N0028

国指定 天然記念物

富士風穴

  • 富士風穴

ふじふうけつ / 昭和4年12月17日指定 / 富士河口湖町青木ヶ原 / 富士河口湖町

青木ヶ原丸尾溶岩流内の溶岩洞穴である。長さ230m以上、洞底幅5~10m。天井も高く平均5mで、ほぼ直立のまま出入りできる規模の大きい溶岩洞穴である。富士山麓の洞穴の中でも最も気温が低く、多量の氷を蔵しており、真夏でも解け尽くすことはほとんどない。

 N0029

国指定 天然記念物

船津胎内樹型

  • 船津胎内樹型

ふなつたいないじゅけい / 昭和4年12月17日指定 / 富士河口湖町船津 / 富士河口湖町

主体となる大型の胎内樹型は入口から北西に向かって開き、入口で幅約2.5m、高さ1.5m、最も広いところで幅2.8m、高さ1.2mである。さらに進むと、洞は傾下し、細くなる全長18mの横位樹型である。最も広いところには天井に溶岩鍾乳石があり、洞側には溶岩が肋骨状に垂れ下がり、内蔵を抜き取った胸腔に似ていることから胎内の名称がついた。

 N0030

国指定 天然記念物

竜宮洞穴

  • 龍宮洞穴

りゅうぐうどうけつ / 昭和4年12月17日 / 富士河口湖町青木ヶ原 / 富士河口湖町

富士北麓の西湖畔の青木ヶ原に所在する洞穴で、標高940mに位置する。長さ60mの規模をもち、洞口付近一帯にほぼ南北の溶岩溝が発達しているのが特徴である。その名が示すとおり古くは富士講の巡礼地として信仰の対象になっていたとされています。

前へ

次へ

 

 

 

 

このページのトップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会教育庁学術文化財課 
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1790   ファクス番号:055(223)1793

広告スペース

広告掲載について