更新日:2018年3月23日

ここから本文です。

 山梨の文化財ガイド(データベース)建造物06

[目次]

 

「山梨の文化財ガイド」ホームへ 

前へ

次へ

 

 

 

 

 K0051

国指定 重要文化財(建造物)

観音堂

  • 観音堂 附厨子1基

かんのんどう つけたりずし1き / 昭和21年11月29日指定 / 小菅村長作 / 長作観音礼拝所

 

観音堂は旧長谷寺内の仏堂の一つである。長谷寺は明治4年(1871)に廃寺となり、観音堂のみが残された。堂の建立年代は明らかでないが、形式手法から鎌倉時代後期と推定される。平安時代以来の洗練された住宅建築風の優美さがある。建物の年代が古く、住宅風の意匠を示す類例の少ない仏堂の遺構として貴重。

 K0052

県指定 有形文化財(建造物)

塩沢寺無縫塔

  • 塩沢寺無縫塔

えんたくじむほうとう / 昭和46年4月8日指定 / 甲府市湯村 / 塩沢寺

 

重要文化財塩沢寺地蔵堂の東方に並ぶ3基の無縫塔のうち、右端の総高1.3mの安山岩製のもの。返り花を刻んだ基礎の上に六角柱の竿を立て蓮弁をあらわした中台の上に高さ円筒形に近い塔身をおく。竿の一面に応安[七]年(1374)の銘が刻される。

 K0053

県指定 有形文化財(建造物)

イメージ無しのアイコン

  • 旧吉祥院八面石幢

きゅうきっしょういんはちめんせきとう / 昭和61年3月19日指定 / 甲府市北口 / 個人

 

甲斐市敷島町清川の吉祥院の旧地から移されたもの。単制幢で高さ1.47m。過去7仏の名と長禄4年(1460)の刻銘がある。

 K0054

県指定 有形文化財(建造物)

立本寺本堂

  • 立本寺本堂

りゅうほんじほんどう / 昭和63年5月12日指定 / 甲府市池田 / 立本寺

 

桁行4間、梁間正面3間、背面5間。寄棟造、鉄板葺(旧茅葺)。

 K0056

県指定 有形文化財(建造物)

宮下家住宅

  • 宮下家住宅

みやしたけじゅうたく / 昭和58年12月26日 / 富士吉田市上吉田 / 富士吉田市

 

桁行14.54m、梁間8.18m。切妻造、茅葺。

 K0058

県指定 有形文化財(建造物)

旧尾県学校校舎

  • 旧尾県学校校舎

きゅうおがたがっこうこうしゃ / 昭和50年3月17日指定 / 都留市小形山 / 都留市

 

本校舎明治11年(1878)5月5日に落成したもので、木造2階建、建築面積164.35平方メートル、屋根は宝形造、鉄板葺、中央に方形の塔屋をつけている。明治初期における様式手法による学校建築の特色をよく表していて、当時流行した藤村式建築の地方伝播の過程を示すものであり、また創建のまま現地に保存されてきた点も貴重である。

 K0059

県指定 有形文化財(建造物)

長安寺本堂

  • 長安寺本堂 附板札1枚、経石2個

ちょうあんじほんどう つけたりいたふだ1まい、きょうせき2こ / 平成2年12月20日指定 / 都留市上谷 / 長安寺

 

浄土宗の寺院で、本尊は阿弥陀如来。享保10年(1725)の再建。桁行7間、梁間6間、一重、入母屋造。向拝1間、唐破風造、銅板葺。

 K0060

県指定 有形文化財(建造物)

大嶽山本殿

  • 大嶽山本殿

だいたけさんほんでん / 昭和34年2月9日指定 / 山梨市東御屋敷 / 東後屋敷区

 

この建物は、大嶽山那賀郡神社(山梨三富上釜口)の遙拝所として、天台宗光福寺境内に建てられたものである。桜町天皇(1735-47)の時代に諏訪南宮神社(笛吹市境川町)から移築したとされる。小規模ながら豪華な桃山時代の様式をよく伝えるすぐれた遺構である。

次へ

前へ

 

 

 

 

このページのトップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会教育庁学術文化財課 
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1790   ファクス番号:055(223)1793

広告スペース

広告掲載について