更新日:2017年12月14日

ここから本文です。

 山梨の文化財ガイド(データベース)建造物

 

「山梨の文化財ガイド」ホームへ

 

KB0013

国指定 重要文化財(建造物)

窪八幡神社摂社若宮八幡神社本殿

  • 窪八幡神社摂社若宮八幡神社本殿(くぼはちまんじんじゃせっしゃわかみやはちまんじんじゃほんでん)

昭和24年2月18日指定

所在地 山梨市北654

所有者又は管理者 大井俣窪八幡神社

 

 若宮八幡神社は、本社祭神応神天皇(誉田別命)の皇子仁徳天皇(大鷦鷯命)を祀る。このため若宮八幡と称し、創始は本社鎮座と同時に勧請されたと伝えて、大井俣窪八幡神社の摂社とされる。神社本紀によれば、武田信昌によって応永7年(1400)に若宮社殿が建立されたと記され、以後、代々の武田氏の崇敬をうけるところとなった。現在の本殿は古式をよくとどめた室町時代初期の手法を示し、このときの建立とみて差支えない。本殿は本社正殿の北側に建っている。

 本殿は三間社流造で、身舎柱、向拝柱ともに井桁組の一連の土台上に建つ。身舎は円柱で、柱上の組物は平三斗を組み、隅柱のみ桁行に二手出した連三斗とし、頭貫先端の木鼻が受けている。正面中央1間を幣軸構えとし、両開きの板唐戸を吊り込み、ほかは板壁とする。正面と両側3面には刎高欄つき榑縁をめぐらす。しかし背面では高欄を欠き、しかも脇障子の備えもなく異例の形式である。

 扉の前面には擬宝珠高欄つきの木階七級を設ける。軒は前面一軒、背面二軒の繁垂木で、妻は豕杈首組とし、破風には猪目懸魚を飾る。

 向拝は面取り角柱で、中間2本の柱上は出三斗、両端柱上は連三斗とし、柱を繋ぐ頭貫先端には肘木鼻を造り出しに付けて連三斗を組むが、他の社殿に例のない古い手法をみせる。身舎とは両端柱を繋虹梁で結び、中間の2本の柱には手狭を取りつけている。向拝前面は床を張らずに土間のままである。

 建物は向拝柱と破風板が黒漆塗り、壁板と裏板が胡粉塗りとされ、ほかは紅柄塗りである。

 この本殿は、比較的に簡素な社殿であるが、軸部の内部まで仕上げられた円柱、幣軸構えの形式、脇障子を省略した縁、きわめて深く折れた破風の反りなど、多くの古式な点が認められる。数多い大井俣窪八幡神社社殿のなかでは最も建築年代が古く、当初の姿および特色がよく残されている貴重な一例である。

 昭和28年(1952)に解体修理が行われ旧規に復した。

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会教育庁学術文化財課 
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1790   ファクス番号:055(223)1793

広告スペース

広告掲載について