更新日:2015年11月4日

ここから本文です。

 山梨の文化財ガイド(データベース)建造物 

 

「山梨の文化財ガイド」ホームへ

 

KB0005

国指定 重要文化財(建造物)

恵林寺四脚門

  • 恵林寺四脚門(えりんじしきゃくもん)

明治40年8月28日指定

所在地 甲州市塩山小屋敷2280

所有者又は管理者 恵林寺

 

恵林寺は、元徳2年(1330)に夢窓疎石(夢窓国師、正覚国師、心宗国師、普済国師、玄猷国師、仏統国師、大円国師と7度にわたり国師号を歴代天皇から賜与され、七朝帝師とも称される)によって開山された臨済宗妙心寺派に属する名刹である。鎌倉時代以後、武田氏代々の厚い庇護があって、禅宗の本拠として興隆した。特に武田晴信(信玄)が永禄7年(1564)に二百数十貫文の寺領を寄進し、信玄の帰依を受けた快川紹喜を招き住持とした。このとき鎌倉五山派から妙心寺派に改められた。

武田氏の菩提寺として伽藍も整えられたが、天正10年(1582)の武田氏滅亡の際に、織田信長の兵火にあって諸堂は全焼した。現在の門は慶長11年(1606)の再建である。切妻造、屋根は桧皮葺の四脚門で、軸部に丹塗りが施されているので、一般に赤門と呼ばれる。この門は小さいながら木割も大きく雄大で、構成は大らかで巧みな意匠をみせ、細部様式は禅宗様の手法になる。江戸時代初期の装飾性の豊かな特色をよく示している。

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会教育庁学術文化財課 
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1790   ファクス番号:055(223)1793

広告スペース

広告掲載について