更新日:2014年3月13日

ここから本文です。

 山梨の文化財ガイド(データベース)彫刻02

[目次]

 

「山梨の文化財ガイド」ホームへ前へ

次へ

 

 

 

 C0012

国指定 重要文化財(美術工芸品-彫刻)

木造吉祥天及二天像

  • 木造吉祥天及二天像

もくぞうきっしょうてんおよびにてんぞう / 昭和58年6月6日指定 / 笛吹市御坂町大野寺 / 福光園寺

 

寛喜3年(1231)に福光園寺中興の第3世良賢を大勧進として、三枝一族及び橘氏を中心に、大仏師蓮慶によって造顕された鎌倉時代の名作である。

 C0013

国指定 重要文化財(美術工芸品-彫刻)

木造普応国師坐像

  • 木造普応国師坐像

もくぞうしんおうこくしざぞう / 昭和46年6月22日指定 / 甲州市大和町木賊 / 棲雲寺

 

棲雲寺開山の業海本浄の師の中峰明本(普応国師)は、元の杭州天目山の幻住庵にて禅宗を広めた。本像は、胎内の朱書銘から文和2年(1353)の彫造と知れる。桧材寄木造、坐高82.5cm。

 C0014

国指定 重要文化財(美術工芸品-彫刻)

木造薬師如来及両脇侍像

  • 木造薬師如来及両脇侍像

もくぞうやくしにょうらいおよびりょうわきじぞう / 明治38年4月4日指定 / 甲州市勝沼町勝沼 / 大善寺

 

3躯とも桜材の一木造漆箔像で、平安初期の作品。中尊の坐高は85.5cm。脇侍は日光、月光菩薩立像である。

 C0015

国指定 重要文化財(美術工芸品-彫刻)

木造十二神将立像

12躯のうち2躯

  • 木造十二神将立像

もくぞうじゅうにしんしょうりゅうぞう / 平成11年6月7日指定 / 甲州市勝沼町勝沼 / 大善寺

 

仏法を守る時の神将で、子から亥まで12躯ある。桧の寄木造であるが、戌神、午神は一木造。運慶一門の作である。

 C0016

国指定 重要文化財(美術工芸品-彫刻)

木造日光月光菩薩立像

日光菩薩立像

  • 木造日光月光菩薩立像 附日光菩薩像内納入品

もくぞうにっこうがっこうぼさつりゅうぞう つけたりにっこうぼさつぞうないのうにゅうひん / 平成19年6月8日指定、平成25年6月19日追加指定 / 甲州市勝沼町勝沼 / 大善寺

 

桧材寄木造、像高250cmの巨像。肥後定慶に酷似した作風である。

 C0017

国指定 重要文化財(美術工芸品-彫刻)

木造金剛力士立像

  • 木造金剛力士立像

もくぞうこんごうきりしりゅうぞう / 平成8年6月27日指定 / 甲州市塩山藤木 / 放光寺

 

右側の阿形像は総高263.0cm、左側の吽形像は総高264.0cm。作者は奈良仏師嫡流の成朝。鎌倉時代初期の秀作である。

 C0018

国指定 重要文化財(美術工芸品-彫刻)

木造大日如来坐像

  • 木造大日如来坐像

もくぞうだいにちにょらいざぞう / 明治39年9月6日指定 / 甲州市塩山藤木 / 放光寺

 

放光寺は、寿永3年(1184)安田義定開基の寺である。本像は放光寺所蔵の他2躯(木造不動明王像、木造愛染明王坐像)とともに藤原末期の作品。寄木造、坐高94.5cm。

 C0019

国指定 重要文化財(美術工芸品-彫刻)

木造不動明王立像

  • 木造不動明王立像

もくぞうふどうみょうおうりゅうぞう / 明治39年9月6日指定 / 甲州市塩山藤木 / 放光寺

 

藤原末期の造顕で、衣紋は流麗、忿怒の相の中にも穏やかな気品に満ちた作風に特色がある。寄木造、像高146.4cm。

 C0020

国指定 重要文化財(美術工芸品-彫刻)

木造愛染明王坐像

  • 木造愛染明王坐像

もくぞうあいぜんみょうおうざぞう / 明治39年9月6日指定 / 甲州市塩山藤木 / 放光寺

 

弓を眼前に構える天弓愛染明王の姿態をとる。肉付は清楚穏健、小さな獅子冠も流麗で静謐、畏怖を感じられる点に藤原末期の濃い時代色をあらわしている。

 C0021

国指定 重要文化財(美術工芸品-彫刻)

木造薬師如来坐像

  • 木造薬師如来坐像

もくぞうやくしにょらいざぞう / 明治39年9月6日指定 / 中央市下三条 / 歓盛院

 

一木造から寄木造への過渡期の作品。豊かな顔容、躰躯、肉髻、螺髪などに藤原期の優美さを発揮している。坐高84.7cm、栃材一木造。

前へ

次へ

 

 

 

 

このページのトップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会教育庁学術文化財課 
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1790   ファクス番号:055(223)1793

広告スペース

広告掲載について