更新日:2019年1月29日

ここから本文です。

宿根アスター

栽培の歴史

 

昭和50年代後半から切り花の嗜好が洋花へと移るなか、宿根カスミソウと同様に花束やフラワーアレンジメントなどの添え花としての人気が高まった。

 

鳴沢村で栽培が始まったのは昭和63年頃で、導入当初は早生シロクジャク、ピンクスター1号などが栽培されていたが品種数は少なかった。その後、草姿、花色、品質などが改良された県の育成品種が登場し、栽培し易く、市場評価も高かったことから独自の需要が高まり、県内各地で栽培されるようになった。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部富士・東部農務事務所 
住所:〒402-0054 都留市田原三丁目3-3南都留合同庁舎 2 階
電話番号:0554(45)7830   ファクス番号:0554(45)7833

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について