トップ > 組織から探す > 富士・東部保健福祉事務所(富士・東部保健所) > 臓器移植について(富士・東部保健福祉事務所)

ここから本文です。

臓器移植について(富士・東部保健福祉事務所)

あなたの意思で救える命があります。

臓器移植は、重い病気や事故などにより臓器の機能が低下し、移植でしか治療できない方と死後に臓器を提供してもいいという方を結ぶ医療であり、みなさんの善意と思いやりに支えられて、はじめて成立する医療です。
日本で臓器の提供を待っている方は、およそ13,000人です。それに対して移植を受けられる方は、年間およそ300人です。

あなたの意思表示で救える命があります。臓器提供の意思表示にご協力をお願いいたします。

1 臓器提供をするには

臓器提供には、脳死判定に伴い脳死後に臓器提供することについて、意思表示をしていただく方法があります。

平成22年7月17日の改正臓器移植法の施行により、臓器提供の意思表示方法として

 

1 意思表示カード・意思表示シールへの記入

2 運転免許証・被保険者証への意思表示の記入

3 日本臓器移植ネットワークのホームページでの意思表示登録

 

が選べるようになりました。

また、これらの意思表示をしている場合に加え、ご本人の臓器提供の意思が不明な場合でも、ご家族の承諾があれば臓器の提供ができるようになりました。

 

意思表示カードは、県医務課、保健所、市町村役場、コンビニエンスストア等で配布しております。

 

臓器提供意思表示カード

「ドナーカードの記入方法」(PDF:767KB)

 

 

臓器移植法の改正点(改正法との比較・厚生労働省HP)

2 腎臓移植について

腎臓については、脳死下での提供に加え、心停止後に提供することもできます。

腎臓移植に関しての問い合わせ先

(公財)山梨県臓器移植推進財団

〒409-3898

中央市下河東1110

電話番号:055-273-1082

http://www.geocities.jp/yzouki2000/

3 脳死とは

脳死とは、呼吸・循環機能の調節や意識の伝達など、生きていくために必要な働きを司る脳幹を含む、脳全体の機能が失われた状態です。全死亡者の1%弱の方が事故や脳卒中などによって脳死になり、どんな治療をしても回復することはなく、脳死と判定された場合、多くは数日以内(長期間を要する例も報告されています)に心臓が止まります。

一方、植物状態とは、脳幹の機能が残っており、自ら呼吸できる場合が多く、回復する可能性もあります。脳死と植物状態は全く別のものなのです。

4 詳しくは

(社)日本臓器移植ネットワーク、県医務課までお問い合わせください。

 

(社)日本臓器移植ネットワーク(電話番号:0120-78-1069)

山梨県福祉保健部医務課(電話番号:055-223-1480)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部富士・東部保健福祉事務所(富士・東部保健所) 
住所:〒403-0005 富士吉田市上吉田1丁目2-5富士吉田合同庁舎 1 階・ 2 階
電話番号:0555(24)9035   ファクス番号:0555(24)9037

広告スペース

広告掲載について