トップ > イベントカレンダー > 親子のものづくり教室「石包丁づくり&石包丁で収穫・古代衣装着用体験」(県立考古博物館)

発表日:2019年8月22日

ここから本文です。

親子のものづくり教室「石包丁づくり&石包丁で収穫・古代衣装着用体験」(県立考古博物館)

県立考古博物館では月に1回程度、小・中学生の親子を対象としたものづくり教室・チャレンジ博物館を開催しております。
今年度7回目のものづくり教室は、石包丁づくり&石包丁で収穫・古代衣装着用体験を開催いたします。

画像:石包丁の製作例

石包丁の製作例

水田での米づくりが急速に広まった弥生時代、稲などを収穫する道具として石包丁(いしぼうちょう)という磨製石器(ませいせっき)が使われていました。硬い石材で作られた石包丁は農耕が広まるにつれて盛んに使われるようになり、より加工しやすく切れ味が良い金属製の道具が普及するまで、人々の生活を支えていたと考えられています。

今回のものづくり教室では、弥生時代の農耕の様子などについて学習していただくとともに、石材(玄昌石)を削り・磨いて、古代の石包丁づくりにチャレンジしていただきます。また、2日目は古代衣装を身に着けて弥生時代の人になりきり、作った石包丁を使って当時と同じ方法で稲の収穫を体験していただきます。
大勢の皆様のご参加をお待ちしております。

このものづくり教室は9月29日、10月20日の2日にわたって開催いたしますので、2日ともご参加いただけることを参加条件とさせていただきます。

参加には事前にお申込みが必要です。
詳しくは山梨県立考古博物館のホームページをご覧ください。

画像:石包丁づくりの様子

石包丁づくりの様子

画像:石包丁を使った収穫の様子

石包丁を使った収穫の様子

画像:収穫体験の様子

収穫・古代衣装着用体験の様子

画像:チャレンジ博物館第7回のご案内

令和元年度チャレンジ博物館第7回のご案内

開催日時

  • 2019年9月29日(日曜日)
  • 2019年10月20日(日曜日)

2019年9月29日(石包丁づくり):午前9時30分~正午
2019年10月20日(石包丁で収穫・古代衣装着用体験):午前10時~正午

開催場所

名称 風土記の丘研修センター
住所 甲府市下向山町1271
電話番号 055-266-5286
ホームページ 風土記の丘研修センター

料金

無料

対象者

小・中学生の子どもとその保護者
小学5年生以下の方は、保護者の同伴が必要です。
小学6年生以上の方は、ご本人のみでもご参加いただけます。
今回のものづくり教室は2回にわたって開催いたしますので、2回ともご参加いただけることを参加条件とさせていただきます。

募集人数

16名
子どものお申込みが16名に達した時点で募集を締め切ります。

主催

名称 山梨県立考古博物館
住所 山梨県甲府市下曽根町923
電話番号 055-266-3881
ファックス番号 055-266-3882
ホームページ 山梨県立考古博物館

共催・協賛・後援

共催
山梨県曽根丘陵公園指定管理者:富士観光開発・富士グリーンテックグループ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

ものづくり教室に関する詳しいお問い合わせは、風土記の丘研修センター(電話:055-266-5286)までお願いいたします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について