トップ > 組織から探す > エネルギー政策課

ここから本文です。

 

余剰電力買取制度買取期間の終了について(2019年問題)

2009年11月から開始された余剰電力買取制度の適用を受ける住宅用太陽光発電設備では、2019年11月以降、順次、10年間の買取期間が満了を迎えます。

太陽光パネルは、一般的に20~30年間発電を行うことが可能ですので、制度による買取期間終了後も、太陽光発電の継続を是非ご検討ください。

詳しくはこちら→余剰電力買取制度を利用されている方へ大切なお知らせ(2019年問題について)

 

平成30年度やまなし省エネスマートカンパニー大賞 応募受付中!

県では、エネルギー・環境問題に積極的かつ継続的に取り組み、優れた成果を上げた事業者を表彰するとともに、その事例を広く紹介することで、山梨県内における事業者の省エネルギー・環境保全対策の推進を図ります。

県内事業者の皆様のご応募をお待ちしております!

詳しくはこちら→平成30年度やまなし省エネスマートカンパニー大賞

やまなし環境家計簿アプリ「えこメモ」が始まりました!

「えこメモ」とは、電気やガスなど、家庭で使ったエネルギーの量を入力するだけで、グラフなどによって二酸化炭素排出量を簡単に「見える化」できるアプリです。省エネアドバイスやクイズなど、楽しく取り組める要素がたくさん!!

「えこメモ」で楽しく省エネして、家庭からの二酸化炭素排出量を減らし、地球温暖化防止につなげましょう。

詳細はこちら→環境家計簿をはじめよう!

ラザ エコ博に出展します(終了しました)

県エネルギー政策課は、平成30年11月17日(土曜日)、18日(日曜日)にラザウォーク甲斐双葉で開催される「ラザ エコ博」に出展します。クリーンエネルギーの発電体験や、環境家計簿アプリ「えこメモ」のしょうけを行います。ぜひお立ち寄りください。

平成30年度第1回事業用太陽光発電セミナー(終了しました)

長期安定的に太陽光発電事業を運用するためには、適切な設計・施工、十分な維持・管理を行うことはもちろんのこと、土地・権原、土木・構造関係など事業全体について、太陽光発電事業を継続していくためのリスクを把握することが大切です。

県では、県内で太陽光発電事業者向けに情報提供を行うため、次のとおり事業用太陽光発電セミナーを開催します。

現在県内で太陽光発電事業を行っている方やこれから行う予定がある方は、ぜひご参加下さい。

  • 日時平成30年10月26日(金曜日)14時00分~15時40分
  • 場所山梨県庁防災新館409会議室(甲府市丸の内1-6-1)
  • 内容

 1.「太陽光発電事業の評価ガイドについて」
 2.「地上設置型太陽光発電システムの設計ガイドラインについて」
 (頻発する自然災害を踏まえた長期安定発電のための留意点を含む)

  • 申し込み方法下記のチラシ裏面の参加申込書を、エネルギー政策課へFAXまたはメールでお送りください。
    FAX055-223-1505
    メールアドレスenergy-seisaku@pref.yamanashi.lg.jp

その他詳細については、下記のチラシをご覧ください。

平成30年度第1回事業用太陽光発電セミナーチラシ(PDF:975KB)

やまなし水素エネルギーフェア(燃料電池バス試乗会)(終了しました)

山梨県は、平成30年9月15日(土曜日)から19日(水曜日)までの5日間、燃料電池バスの試乗会を開催しました。

詳しくはこちら→やまなし水素エネルギーフェア(燃料電池バス試乗会)

やまなし水素エネルギー社会実現ロードマップを策定しました

本県のエネルギー政策の基本指針である「やまなしエネルギービジョン」に基づき、燃料電池技術の研究等に積極的に取り組んできた本県の強みを生かして長期的な視点で水素エネルギー社会の実現を推進するため、平成30年3月に「やまなし水素エネルギー社会実現ロードマップ」(以下「ロードマップ」という。)を策定しました。

詳しくはこちら→「やまなし水素エネルギー社会実現ロードマップ」のページへ

県内でFITによる太陽光発電事業を行っている事業者の皆さまへ(重要なお知らせ)

平成29年4月1日に施行された改正FIT法により、経済産業省の認定を取得している10kW以上の太陽光発電事業者に

1.事業計画の項目について記載した標識の掲示

2.フェンス・柵塀等の立入防止措置の実施

が義務付けられました。

標識の掲示は、出力20kW未満の事業者は対象外ですが、地上に設置する場合は周辺地域と共生した形で適切に事業を実施するために、できる限り事業情報を掲示してください。

詳しくはこちら→県内でFITによる太陽光発電事業を行っている事業者の皆さまへ(重要なお知らせ)(PDF:140KB)

「平成30年度住宅用自立・分散型エネルギー設備設置費補助金」の募集について(※次のとおり募集をしています。)

災害に強く環境にも優しい自立・分散型エネルギーシステムの住宅への導入を促進するため、家庭用燃料電池、定置用リチウムイオン蓄電池、V2H(電気自動車充給電設備)を設置する個人へ補助します。

第3次募集につきましては、予算残額15万円分の受け付けをしています。

詳しくはこちらへ→住宅用自立・分散型エネルギー設備設置費補助金

「太陽光発電施設の適正導入ガイドライン」を改訂しました

県では、平成27年11月に「太陽光発電施設の適正導入ガイドライン」を策定し、事業用太陽光発電事業者の皆様に太陽光発電施設の適正な導入を促してきましたが、この度、本ガイドラインを改訂しました。

詳しくはこちらへ→太陽光発電施設の適正導入ガイドラインの改訂について

「山梨県地球温暖化対策実行計画」を改定しました

平成26年3月に策定した「山梨県地球温暖化対策実行計画」について、平成29年3月に改定しました。

詳しくはこちらへ→山梨県地球温暖化対策実行計画

山梨県における温室効果ガス排出量の状況

山梨県における2014(平成26)年度の温室効果ガス排出量の状況について、公表します。

詳しくはこちらへ→山梨県における温室効果ガス排出量の状況

「やまなしエネルギービジョン」の進捗状況等

多様なクリーンエネルギーをバランスよく取り入れ、エネルギー供給力の充実、省エネルギー対策の一層の推進、環境に優しく災害に強い自立・分散型エネルギーシステムの導入促進等により、県内経済の活性化と安全・安心な県民生活に資するエネルギー施策の方向性を示すための指針として平成28年3月に策定しました。

なお、毎年度の進捗状況等について公表していきます。

詳しくはこちらへ→やまなしエネルギービジョンの紹介ページ

お知らせ

業務分掌・所属一覧

担当 分掌事項

エネルギー企画担当

電話055-223-1502

FAX055-223-1505

  • 局内の予算経理及び庶務的事務
  • やまなしエネルギービジョンの推進

クリーンエネルギー推進担当

電話055-223-1503

エネルギーパークバナー

  • クリーンエネルギーの普及促進
  • 小水力開発支援

省エネ・温暖化対策担当

電話055-223-1506

  • 省エネルギー対策の推進
  • 地球温暖化対策の推進
  • 環境マネジメントシステムの運用

担当ページリスト

 エネルギー企画担当

 クリーンエネルギー推進担当

 省エネ・温暖化対策担当

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県エネルギー局エネルギー政策課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1502   ファクス番号:055(223)1505

広告スペース

広告掲載について