トップ > やまなしCO2フリー水素シンポジウム

ここから本文です。

やまなしCO2フリー水素シンポジウムを開催します! 

 山梨県では、水素エネルギー社会の実現に向け、CO2フリー水素を県内で製造、輸送、利用するサプライチェーンの構築を目指し取り組みを進めています。
 現在、国の委託を受け甲府市米倉山において、太陽光発電による電力を水素に変換して貯蔵するP2G(Power to Gas)事業を行っており、今後この事業で製造されたCO2フリー水素を県内の工場や店舗等に輸送して利用する社会実証を行う予定です。
 本県においてCO2フリー水素サプライチェーンを構築するには、需要者の獲得が不可欠であるため、県内企業や自治体等においてCO2フリー水素の利活用が図られるよう、水素エネルギーの優位性や可能性などについてご紹介します。


   開催日時・開催場所・開催内容

  • 開催日時:令和元年10月4日(金曜日) 13時30分~16時(午後1時から受付を開始します。)(定員100名) 
  • 場所:山梨県立図書館 1階 イベントスペース(山梨県甲府市北口2-8-1)
  • 講演内容

    1.「水素エネルギーの将来~Power-to-Gasを中心に」

       講師 丸田 昭輝 氏(株式会社テクノバ エネルギー・水素グループマネージャー)

    2.「山梨県が行うP2Gの取り組みについて」

       講師 坂本 正樹(山梨県企業局電気課副主幹)

    3.「水素エネルギー社会に向けたパナソニックの取り組みについて」

       講師 武部 安男 氏(パナソニック株式会社 アプライアンス社

                    スマートエネルギーシステム事業部 経営企画部 主幹)

    4.参加者との意見交換

  • 参加費:無料
  • 申込方法

    ♦FAXでのお申込み

     次のリーフレットをダウンロードしていただき、必要事項をご記入のうえお申込みください。

            リーフレット(PDF:552KB)

        ※FAX番号:055-223-1505

    ♦メールの場合

     リーフレットの裏面の申込書にある必要事項をご記入のうえ、エネルギー政策課あてにメールを送信してください。

       ※メールアドレス energy-seisaku@pref.yamanashi.lg.jp 

     ♦お申し込み先

        エネルギー政策課エネルギー企画担当

 

    ページトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県エネルギー局エネルギー政策課 担当:エネルギー企画担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1502   ファクス番号:055(223)1505

広告スペース

広告掲載について