トップ > まちづくり・環境 > 環境保全活動 > 地球温暖化防止 > やまなし水素エネルギーフェア(燃料電池バス試乗会)を開催します!

ここから本文です。

やまなし水素エネルギーフェア (燃料電池バス試乗会)を開催します!!(終了しました。)

 山梨県では、水素を日常生活や産業活動で利活用する「水素エネルギー社会」の実現を目指して、燃料電池自動車(FCV)や家庭用燃料電池(エネファーム)などの普及に取り組んでいます。

 この一環として、水素で走り、排気ガスを出さない「燃料電池バス」の試乗会を開催します。

 参加は無料ですので、環境に優しい燃料電池バスの快適な乗り心地を体感していただくとともに、「ゆめソーラー館やまなし」で次世代エネルギーに触れてみてください。(一部コースを除く)

試乗コース・日時

  • Aコース(所要時間:約2時間)
    山梨県庁発→(リニア新駅予定地付近経由)→米倉山(「ゆめソーラー館やまなし」を見学)→山梨県庁着

    9月15日(土)  午前は無し  13:30
    9月16日(日)  9:30発  13:30発
    9月17日(月)  9:30発  13:30発
    9月18日(火)  9:30発  午後は無し
    9月19日(水)  9:30発  13:30発


  • Bコース(所要時間:約30分)
    山梨県庁発→県庁周辺→山梨県庁着

    9月18日(火) 14:00発  15:00発

定員・参加費

  • 定 員  各回20名
  • 参加費  無  料

お申込み方法

 下記のチラシをダウンロードしていただき、FAXまたはメールにてお申し込みください。

 燃料電池バス試乗会チラシ(PDF:2,793KB)

 申し込み期限:平成30年8月31日(金)

 ※ 事前申し込み制ですので、参加をご希望される方は必ず事前にお申し込みください。

 ※ 申し込み多数の場合は抽選となりますので、あらかじめご承知おきください。

    

  FAX番号:055-223-1505

  E-mail energy-seisaku@pref.yamanashi.lg.jp             

実施状況   

山梨県は、平成30年9月15日(土)から19日(水)までの5日間、燃料電池バスの試乗会を開催しました。

水素エネルギーの利用拡大を図るためには、県民のみなさんが水素について正しく理解し、身近に感じていただくことが重要です。燃料電池バスの試乗会は、このための第一歩として開催しました。平成30年9月15日(土)から19日(水)までの5日間で、県民のみなさんなど230人余りが試乗しました。

 「とても静かで、快適な乗り心地だった」など、試乗者には非常に好評であり、ドライバーを務めていただいた県内バス事業者の運転手からは「スムーズで非常に運転しやすい」との感想がありました。

 試乗会では、2027年に開業予定のリニア中央新幹線の新駅予定地を車窓から眺めながら米倉山に行き、企業局が運営する次世代エネルギー啓発施設「ゆめソーラー館やまなし」を見学するコースを設けました。

 

「SORA」がレッカーにけん引され、山梨にやってきました

燃料電池バス「SORA」がレッカーにけん引され、山梨にやってきました

 

山梨県庁を起点に「SORA」の試乗会を開催しました

山梨県庁を起点に「SORA」の試乗会を開催しました

 

米倉山では、「ゆめソーラー館やまなし」を見学しました

米倉山では、「ゆめソーラー館やまなし」を見学しました

 

5日間の試乗会で、県民の皆さん230人余りが試乗しました

5日間の試乗で、県民の皆さん230人余りが試乗しました

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県エネルギー局エネルギー政策課 担当:エネルギー企画担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1502   ファクス番号:055(223)1505

広告スペース

広告掲載について