トップ > まちづくり・環境 > 河川・砂防・治山 > ダム事業 > ようこそ荒川ダム管理事務所へ > 令和元年度『森と湖に親しむつどい』を荒川ダムで開催します

更新日:2019年6月26日

ここから本文です。

令和元年度『森と湖に親しむつどい』を荒川ダムで開催します

国土交通省と林野庁が、毎年7月21日から7月31日までを「森と湖に親しむ旬間」と定めたことに合わせ、山梨県では昭和62年から『森と湖に親しむつどい』を開催しています。

このイベントは、森と湖に親しむ機会を提供することによって、参加者の心身をリフレッシュするとともに、森林、ダム、河川等の重要性について関心を高め、理解を深めてもらうことを目的としています。

令和になって初めてのこの催しを荒川ダムで行います。当日は様々なイベントを行いますので、ぜひ荒川ダムにお越しください。

令和元年度『森と湖に親しむつどい』チラシ(JPG:1,113KB)

令和元年度『森と湖に親しむつどい』

日時

令和元年7月28日(日曜日)

午前10時から午後3時まで

小雨決行

場所

荒川ダム周辺(甲府市川窪町)

カーナビゲーションをご利用の方は、「甲府市川窪町972」と入力してください。

会場への進入ルートは、次のファイルをご覧ください。

お車でお越しの方へのご案内(PDF:126KB)

イベント内容

当日予定する各イベントを紹介します。写真は平成27年に行われた際のものです。

なお、天候などの状況によって、イベントの受け入れ人数や時間を変更する場合があります。

また、各イベントは定員となり次第、配布物や物販は数量がなくなり次第終了となります。

モーターボート乗船

巡視用ボートに乗って、ダム湖やダム施設を見学します。

受付は先着100名、小学生を優先します。

morimizu_boat

ダム地下探検とダム登山

行きはダム内部のトンネルにある長く急な階段を下り、帰りはダム表面にある長い階段を上ります。

なお、ダム内部のトンネルは暗く湿気があり、帰りの階段は高低差約80メートルを上りますので、体力や体調を十分考慮された上でご参加ください。

また、小学生以下のお子様には、保護者の同伴をお願いします。

morimizu_tankenmorimizu_tanken2

木工教室

小枝のキーホルダーづくり

丸太切り体験

morimizu_m2

木工体験、森の実験

木材の端材を削って、マイ箸をつくります。

森の土の力を実験で体験してもらいます。また森の役割のビデオも上映します。

morimizu_m

「甲府の水」無料配布

日本有数の渓谷美を誇る御岳昇仙峡の表流⽔を原⽔とする水道水を、⻑期保存処理を施してボトルに詰めたものです。

パンフレット配布

河川事業について紹介します。

その他

ヨーヨー釣り、おもちゃすくい体験、金魚すくい、射的、輪投げ、飲食物販売

主催、協力

主催:山梨県

協力:林野庁山梨森林管理事務所、国土交通省甲府河川国道事務所、甲府市・甲府市上下水道局、公益社団法人山梨県建設技術センター、甲府ビルサービス株式会社、昇仙峡観光協会

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部荒川ダム管理事務所 
住所:〒400-1213 甲府市川窪町浦の山972
電話番号:055(287)2006   ファクス番号:055(287)2015

広告スペース

広告掲載について