トップ > まちづくり・環境 > 河川・砂防・治山 > ダム事業 > 鹿鳴峡大橋(塩川ダム)

更新日:2009年6月15日

ここから本文です。

鹿鳴峡大橋(塩川ダム)

鹿鳴峡大橋

この橋は、塩川ダム建設によって水没する一般県道原浅尾韮崎線の付け替え道路として設置されました。

 

橋の形式としては、地形及び地質の状況と、名勝「瑞がき山」を望む秩父多摩甲斐国立公園に位置することから、アーチ形式の一種であるニールセン系ローゼ桁橋を選びました。この形式は、大規模な橋梁に採用されることが多く、また鹿鳴峡大橋のように、橋台と橋台との間を単径間で架設する場合に適しています。

 

この形式の特徴は以下のとおりです。

  • 吊材を斜めに配置することにより荷重の分散が図れ、上下弦材の曲げモーメントを減少できる。
  • 棟梁全体として、剛性が大きく、鉛直たわみを小さく押さえることができる。
  • 斜材は、引張力のみを受ける部材として設計できるので、ロープなどの非抗圧材を使用できる。(鹿鳴峡大橋は、ロックドコイルロープ径54を使用しています)
  • 斜材がスレンダーなため外観的に軽快感があり、走行上も視界の妨げが少なくてすむ。

工事の経緯としては、平成元年6月から地質調査と詳細設計に入りました。その後同12月から下部工の施工、平成2年3月から上部工の製作に入り、平成5年3月までに全ての工事が完成しました。

設計条件

路線名

一般県道-原浅尾韮崎線

道路規格

3種4級

橋格

1等橋(TL-20)

形式

ニールセン系ローゼ桁

橋長

200,000m

支間長

198,200m

幅員

7,000m

ライズ

30,000m

総鋼重

1,390t

総事業費

20億5千万円

架設工法図

鹿鳴橋大橋の架設工法図を示します

架設工法図(PDF:83KB) 

側面図・平面図・横断面図

鹿鳴橋大橋の側面図・平面図・横断面図を示します

側面図・平面図・横断面図(PDF:74KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部大門・塩川ダム管理事務所 
住所:〒407-0301 北杜市高根町清里3654-7
電話番号:0551(47)3799   ファクス番号:0551(47)3796

塩川ダム管理課
住所:〒408-0102 北杜市須玉町比志3783-1
電話番号:0551(45)0789   ファックス番号:0551(45)0788

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について