トップ > 新型コロナ・インフルエンザの同時流行に備えて

更新日:2023年1月17日

ここから本文です。

新型コロナウイルス・季節性インフルエンザの同時流行に備えて

今冬の感染拡大

今冬において、新型コロナウイルス感染症について、今夏を上回る感染拡大が生じる可能性に加え、季節性インフルエンザも流行し、より多数の発熱患者が同時に発生する可能性があることから、保健医療提供体制の強化・重点化を進めていく必要があります。

国の想定患者数

国は、専門家の感染の見込みやオーストラリア等の状況も参考に、新型コロナの患者が1日45万人、インフルエンザの患者が1日30万人規模で同時に流行し、ピーク時には1日75万人の患者が生じる可能性を想定しています。

本県の想定患者数と診療可能人数の比較

国の想定した計算式を基に算出すると、本県では、1日当たり4,937人(新型コロナ患者:2,831人、インフルエンザ患者:2,106人)の患者が発生する可能性があります。一方、本県における診療可能人数を調査したところ、3,821人であり、1,116人が診療できないことが判明しました。

感染拡大に備えた対策

県は、診療が不足する部分を解消するため、次の対策を講じました。

受診・相談体制の強化

増加する受診相談等に対応するため、受診・相談センターの体制を強化しました。

  • 回線の拡充(日中の回線:36回線→60回線、夜間の回線:12回線→40回線)
  • 自動音声応答システムの新設

なお、「やまなし医療ネット」でも医療機関を検索することができます。

オンライン診療センターの設置

夜間・休日の救急医療のひっ迫を避けるため、オンライン診療センターを設置しました。

  • 開設日:令和4年12月1日(木曜日)17時から
  • 受診方法:受診・相談センター(甲府市の方:055-237-8952,甲府市以外の方:055-223-8896)に連絡
  • 診療時間:平日17時から翌朝9時、休日は24時間 ※年末年始(12/29~1/3)は24時間受け付けます
  • 対象者の要件:新型コロナの診断を受けていない65歳未満の方、オンライン診療を受けるにあたり専用のアプリをダウンロード出来る方
  • その他:
  1. 自己負担分があります。(目安:日中/約750円~,夜間/約2,200円~,お薬郵送料/400円)
  2. お薬の郵送を希望する場合、天候等の状況により配送が遅れる場合もあります。

 

onlinesinsatsunagare3

注)上記画像が見にくい場合は、こちら(PDF:109KB)

外来受診・療養の流れ

外来医療がひっ迫した場合、重症化リスクの高い方は、医療機関を受診していただき、重症化リスクの低い方は、新型コロナの検査キットでセルフ検査をしていただき、陽性の場合、健康フォローアップセンターに登録後、自宅療養していただきます。

  • 重症リスクの高い方:65歳以上の高齢の方/基礎疾患を有する方/妊婦の方/小学生以下の子ども
  • 重症化リスクの低い方:中学生以上64歳以下で基礎疾患のない方

注)外来医療体制がひっ迫し、この「外来受診・療養の流れ」に沿った行動の協力をお願いする場合は、改めてお知らせします。

 

 sinbundoujiryuukou

上記画像が見えにくい場合はこちら(PDF:124KB)

 

 flowchart2

 

外来受診・診療の流れ(フロー図)※上記画像が見えにくい場合はこちらをクリックしてください。

夜間発熱外来(夜間コロナ発熱センター)の設置

夜間・休日の救急医療のひっ迫を避けるため、夜間発熱外来を設置します。

  • 診療時間:19時~23時
  • 受付時間:18時~22時
  • 受診方法:055ー288ー1061(予約制)

詳細については、こちらをご参照ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県感染症対策センター新型コロナウイルス対策グループ 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055-223-1326   ファクス番号:055-223-1647

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について