トップ > しごと・産業 > 農業・水産業 > 畜産業 > 畜産伝染病・保健衛生 > 宮崎県における口蹄疫発生にともなう本県の対応状況

更新日:2010年9月10日

ここから本文です。

宮崎県における口蹄疫発生にともなう本県の対応状況

  • 宮崎県で平成22年4月20日に、日本国内では10年ぶりに口蹄疫が発生しました。
  • 本県での対応・対策は次のとおりです。

1.現在の対応状況

  • 平成22年4月20日から22日:牛、豚等を飼育している農家に対する聞き取り調査を実施し、異常がないことを確認。
  • 平成22年4月20日から:家畜保健衛生所では「家畜保健衛生所たより」を作成し、農家に配布。消毒実施の徹底や異常のある家畜の早期発見・早期通報について周知。
  • 平成22年4月26日:関係機関・団体・市町村による「緊急防疫対策会議」を開催。宮崎県の発生状況、異常があった場合の連絡について確認。
  • 平成22年5月3日から:宮崎県への家畜防疫員等の派遣協力(平成22年6月29日現在で13名を派遣)。
  • 平成22年5月12日:家畜保健衛生所事業説明会で情報提供。
  • 平成22年5月20日:畜産関係場所長会議(所属長会議)で情報を再確認。
  • 平成22年5月25日:山梨県口蹄疫防疫対策庁内会議で情報を共有、発生時協力体制の確認。
  • 平成22年5月27日から:牛、豚等を飼養している農家に消毒用石灰を配布。県で備蓄している消毒薬および防護服を積み増し。
  • 平成22年6月14日:山梨県口蹄疫防疫対策庁内会議(第2回)で発生時における庁内各課の業務を確認(会議資料(PDF:966KB))。
  • 平成22年8月24日:「山梨県口蹄疫防疫マニュアル」を作成し、山梨県口蹄疫防疫対策庁内会議(第3回)で、庁内各課に内容説明。
  • 平成22年8月30日:国関係機関・県庁出先機関・市町村・関係団体等を対象として、「山梨県口蹄疫防疫マニュア」ルの説明会を開催し、内容を周知。

 

 

2.今後の対応について

  • 異常家畜が見られた場合、休日も常時対応します。連絡は家畜保健衛生所までお願いします。
  • 飼育家畜の健康観察と異常家畜の早期通報、農場における消毒実施について徹底していきます。
  • 異常家畜の発生時などには対策本部を立ち上げ、本病の封じ込めに万全を期していきます。

 

※口蹄疫は人に感染することはありません。仮に感染牛の肉や牛乳などを摂取しても人体には影響ありません。

※また、口蹄疫の発生防止の観点から、部外者の農場内への立ち入りを制限しています。ご理解・ご協力をお願いします。

3.関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部畜産課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1605   ファクス番号:055(223)1609

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について