トップ > 山梨県内でのCSF発生について

更新日:2019年12月9日

ここから本文です。

山梨県内でのCSF発生について

11月16日(土曜日)に、山梨県内の養豚場でCSFの発生が確認されました。

山梨県では、直ちに「山梨県CSF対策本部」で決定した初動防疫を進め、19日には発生養豚場における防疫措置を完了しました。

また、これ以上の発生を防ぐため、県内全ての養豚場でワクチン接種を行いました。

今後も引き続き、ワクチン接種や養豚場への野生イノシシの侵入防止対策など、県内の養豚農家を守るため、全力で取り組んでいきます。

 

  • CSFは、豚やイノシシの病気であって人に感染することはありません。
  • CSFに感染した豚の肉が、市場に出回ることはありません。
  • CSFワクチンを接種した豚の肉は、人の健康に影響を及ぼすことはありません。

  ※市場に出回る豚肉は、異常や疾病がないか全頭検査を行い、合格したものだけです。

 

最新の情報は農政部畜産課のページをご覧ください。

https://www.pref.yamanashi.jp/chikusan/index.html

その他のCSFに関するお知らせ

やまなし食の安全・安心ポータルサイト

https://www.pref.yamanashi.jp/shokuhin-st/anzen/csf20191116.html

衛生薬務課

https://www.pref.yamanashi.jp/eisei-ykm/20190913tonkorera.html

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部畜産課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1605   ファクス番号:055(223)1609

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について