作品別検索(笠原茂樹)

ここから本文です。

カラーストーンのサンプル

【説明】 (社)宝石貴金属協会には豊富な種類の鉱物のストックがある。様々なサンプルを収集し、データ分析を行うことで、より正確な鑑別を行うことができる。

カラーストーンのサンプル

【説明】 (社)宝石貴金属協会には豊富な種類の鉱物のストックがある。様々なサンプルを収集し、データ分析を行うことで、より正確な鑑別を行うことができる。

 

 

カラーストーンのサンプル

【説明】 (社)宝石貴金属協会には豊富な種類の鉱物のストックがある。様々なサンプルを収集し、データ分析を行うことで、より正確な鑑別を行うことができる。

 

 

鉱物のサンプル 

【説明】 (社)宝石貴金属協会には豊富な種類の鉱物のストックがある。様々なサンプルを収集し、データ分析を行うことで、より正確な鑑別を行うことができる。

ブラックダイヤのサンプル

【説明】 (社)宝石貴金属協会には豊富な種類の鉱物のストックがある。様々なサンプルを収集し、データ分析を行うことで、より正確な鑑別を行うことができる。

 

 

 

ダイヤモンドのマスターストーン

【説明】 ダイヤモンドのカラーグレードを確定するための基準の色合いを揃えたダイヤモンド。鑑定機関により厳重に決められているが、国内ではJJA((社)日本ジュエリー協会)とAGL(一般社団法人宝石鑑別団体協議会)が認定したマスターストーンが鑑別機関で用いられている。

 

 

ダイヤモンドの重さを量る機材

【説明】 貴金属の単位と区別するため、宝石の重量はメートル・カラットと呼ぶ。単位はct(カラット)で、1ct=0.2g

ダイヤモンドの「カット」の評価に使用する機材

【説明】 対象物を3Dで捉え、角度、長さなどをデータ化する機械。 

鑑別書 

【説明】 (社)宝石貴金属協会が発行する鑑別書。鑑別の客観性を高めるべく、複数の鑑定士が独立して鑑別を行う。鑑別を行った複数人の鑑定士のサインが書かれている。

 

 

 

赤外分光光度計

【説明】 石に赤外線を当てて吸収率をデータ化し、天然と合成を見分ける機材。 

 

 

貴金属の成分を調べる機材 

【説明】 対象物を破壊することなく、成分を調べることができる。

 

 

 

貴金属の成分を調べる機材

【説明】 対象物を破壊することなく、成分を調べることができる。

鑑別に使われる様々な機械

 

実験結果

【説明】 日々進歩する加工技術に対応するため(社)宝石貴金属協会でも様々な研究が行われている。

実験結果

【説明】 日々進歩する加工技術に対応するため(社)宝石貴金属協会でも様々な研究が行われている。

産地別に整理されたカラーストーン

 

顕微鏡

【説明】 鑑別・鑑定に欠かせない顕微鏡。ダイヤモンドのグレーディングでは、「クラリティ」を評価する際に使われる。

鉱物のサンプル 

鉱物のサンプル

 

鉱物のサンプル