ここから本文です。

山梨県の移住施策

「山梨県移住支援・就業マッチングサイト」開設しました!

 本年度の移住支援金事業の開始に伴い、移住支援金の対象法人からの求人を掲載するマッチングサイトを8月1日に開設しました。

移住支援金の申請をするためには、本サイトの求人に応募し、就職することが必要となっています。

 本支援金制度の対象者以外の方であってもサイトの求人への応募は可能となっておりますので、ぜひご利用ください。

 やまなし移住・定住総合ポータルサイト(https://www.iju.pref.yamanashi.jp)の「仕事の案内」よりアクセス!

 バナー

やまなし移住・定住総合ポータルサイトがオープンしました!

やまなし移住・定住総合ポータルサイトがオープンしました。

本県へのUIターンを希望される方が、県と市町村の移住情報にアクセスするための入り口となります。

県で初めての総合ポータルサイトとして、市町村と連携して運営していきます。

ぜひご覧ください!

https://www.iju.pref.yamanashi.jp

TOP画像

 

移住支援金セミナーの案内(企業様向け)

 移住支援金制度のスタートに伴い、制度の概要、対象法人登録申請、効果的な求人広告の作成ポイントを紹介するセミナーを

 開催します(マッチングサイトに求人広告を掲載するには、本セミナーの参加、個別相談が条件となります)。

 対象法人になると、東京圏からのU・Iターン者を採用した場合、就職した方に移住支援金が支給されますので、求職者への

 ピールになります。ぜひセミナーに参加していただき、求人活動に移住支援金制度を活用してください。

 ご参加をお待ちしています。

 セミナー申込みにつきましては、チラシに記載のあるQRコードを読み込んで頂くか、

 「https://forms.gle/WvuW8L4MRPkV7BHM7」より手続きをお願いいたします。

  また、本セミナーは山梨県移住支援事業・マッチング支援事業及び企業支援事業実施要綱第5の2(2)1.別途県が指定する説明

 会となっております。

 (受託事業者 富士通エフ・オー・エム株式会社)

  •  甲府エリア(※終了しました)
  1.  日時:7月5日(金曜日) (午前の部、午後の部ともに同じ内容です)
  2.  場所:かいてらす(山梨県地場産業センター)大ホール 各部150名
  3.   時間:午前の部 10時00分 ~ 12時00分、午後の部 14時00分 ~ 16時00分
  4.  開催様子

 午前の部、午後の部合計で約70社の企業様の参加がありました。

 2 1

  •  富士吉田エリア (※終了しました)
  1.  日時:7月19日(金曜日)
  2.  場所:山梨県富士山科学研究所 ホール 150名
  3.  時間:  14時00分 ~ 16時00分
  4.  開催様子

 約20社の企業様の参加がありました。

21

  •  関連チラシ

 セミナー案内チラシ(参加申込書)(PDF:1,124KB)

  •  移住支援金対象法人に係る登録関係書類

 本県における制度について(山梨県移住支援事業・マッチング支援事業及び起業支援事業実施要綱 様式)(エクセル:16KB)(エクセル:16KB)

 暴力団排除指針様式(ワード:35KB)

 

移住支援金制度が始まります!

 本県においては、令和元年度から移住支援金制度を実施します。

 移住支援金の支給申請先は市町村です。

 今後、実施が決定した市町村について、順次、掲載していきます。

 

  • 本県へ移住する直前に「5年以上、東京23区内に住んでいた」又は「東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県(それぞれの都県の条件不利地域を除く)に住んでいて、5年以上23区に通勤していた」方が、本年4月1日以降に本県に移住し、県が新たに構築する就職マッチングサイトに掲載した中小企業の求人に応募し、就職した場合、申請に基づき移住支援金が交付されます。
  • 別途、新事業・経営革新支援課で所管する「起業支援金」の対象に選ばれた場合も、要件に合致すれば移住支援金の対象となります。
  • マッチングサイトの運用開始は8月を予定しており、また、申請は移住・就業後3ヶ月経過後となりますので、平成31年度の市町村への申請は11月以降となります。
  • また、移住支援金を受領した後も、5年以上の定住、1年以上の就業の要件があり、これを満たさなくなった場合は、返還対象となります。
  • 制度の詳細については、以下のとおりです。
  •  山梨県移住支援事業・マッチング支援事業及び起業支援事業実施要綱第5の2(2)1.別途県が指定する説明会について以上の通り指定します(※登録申請書2(2)の県が定める要件は、下記のいずれかの方法で出席、もしくは受講を1回以上行うものとします)。
  1. 委託業者が行うセミナーの受講(題名:効果的な求人広告セミナー) 詳細は上記、移住支援金セミナーの案内(企業様向け)参照
  2. eラーニングでの受講(後日WEB上にて公開予定)
  3. 委託業者が行う個別相談会受講
     
  • 問い合わせ先は、以下のとおりです。

【移住支援事業・マッチング支援事業】
 地域創生・人口対策課 電話番号:055-223-1850

【起業支援事業】
 新事業・経営革新支援課 電話番号:055-223-1544

  • 厚生労働省からの中途採用等支援助成金(UIJターンコース)についてのご案内です。

 東京圏から地方へ移住者を雇い入れた事業主に対し、採用するための経費を助成する新たな助成金メニューが創設されました。就職説明会や募集・採用パンフレットなど、その移住者の採用活動に要した経費の額に応じて助成金が支給されます。詳細は以下のアドレスにてご確認下さい。

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000082805_00002.html

 問い合わせは山梨労働局職業対策課 電話番号:055-225-2857 までよろしくお願いします。

 

 

子育て山梨 プロモーションキャラクター「ふじぺん」

ふじぺん

子育て環境の良い住みやすい山梨県をプロモーションしているキャラクターです。

「ふじぺん」は富士山のようにみんなのことを見守ってくれることをイメージしています。

 

【プロフィール】

雪と氷の「妖精ペンギン国」の若者。

子育てする時のために子育て環境の良いところを探して山梨に移住してきた。

自然の美しさ、水のおいしさ、日照時間の長さにも感動している。

子供が大好き。

 

 

「子育て!やまなしプロモーションブック」:ふじぺんが登場する県の子育て環境の良さをまとめたプロモーションブックです。

 

 

山梨県への移住実績

市町村の協力を得て住民票窓口で実施したアンケート調査により把握した本県への移住実績

[H29年度]1,490世帯、2,486人

[H30年度]2,041世帯、3,118人

転入理由を「自らの意思による」とした県外からの転入を移住とした。

調査初年度のH29年度は、年度当初から調査を開始できなかった市町村もあった。

 

東京・有楽町の「やまなし暮らし支援センター」で把握している、同センターのサポートによる本県への移住実績

[H26年度]100世帯、199人

[H27年度]108世帯、210人

[H28年度] 91世帯、154人

[H29年度] 77世帯、117人

[H30年度] 43世帯、101人

 

山梨県の移住相談窓口

 山梨県では、東京・大阪・山梨に移住相談窓口を設けております。

 東京の有楽町に開設している「やまなし暮らし支援センター」は移住・就職のワンストップ総合相談窓口です。

 専門の相談員が皆様のご相談をお待ちしておりますので、お気軽にご相談ください。

 やまなし暮らし支援センターのホームページでは、移住セミナー・相談会の情報や先輩移住者の声なども掲載しています。

 

 ○移住相談窓口のご案内○

 【やまなし暮らし支援センター】(外部リンク)

 〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階 (NPOふるさと回帰支援センター内)
 電話番号:03-6273-4306  利用時間:火曜~日曜 10時00分~18時00分(月曜・祝日、お盆、年末年始は休業)

 【山梨県大阪事務所】

  〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-1大阪駅前第3ビル21階
 電話番号:06-6344-5961  利用時間:平日8時30分~17時15分(年末年始は休業)

 【山梨県 地域創生・人口対策課】

 〒400-8501 山梨県甲府市丸の内1-6-1 山梨県庁本館3階
 電話番号:055-223-1850 利用時間:平日8時30分~17時15分(年末年始は休業)

 

市町村の移住・定住情報

 山梨県内の市町村の移住・定住に関する情報は、各地域県民センターのHPで御覧いただけます。

山梨県や市町村、民間事業者が会員となっている富士の国やまなし移住・交流推進協議会の移住定住推進部会(甲斐適生活応援隊)が運営するサイトです。移住相談会の情報や移住体験談、物件情報等も掲載しています。

山梨県や市町村、民間事業者が会員となっている富士の国やまなし移住・交流推進協議会の農山村交流推進部会が運営するサイトです。ブドウ・モモ・サクランボなど「くだもの王国」山梨ならではの農産物の収穫体験や自然観察、ネイチャーガイドなど様々なプログラムをご紹介しています。

山梨に移住や二地域居住をしている方『100人』が、やまなし暮らしの魅力をインタビュー形式で語った話をまとめた冊子【JoYFuL】を作成しました。移住前の生活、移住のきっかけ・動機、移住を成功させるコツ、山梨の魅力などを知ることができます。

大阪ふるさと暮らし情報センター(運営:NPO法人ふるさと回帰支援センター)においても山梨県の移住に関する情報を提供しております。

その他の情報

(写真提供)やまなし観光推進機構

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総合政策部地域創生・人口対策課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1850   ファクス番号:055(223)1776

広告スペース

広告掲載について