トップ > 県政情報・統計 > 統計・調査 > 調査・報告 > 企画・総務部 > 縮尺20万分の1土地保全基本調査

更新日:2011年6月21日

ここから本文です。

縮尺20万分の1土地保全基本調査

目的・意義

  1. 全国土の土地保全に関する資料(保全すべき自然、危険な自然作用、保護すべき自然と文化財等)を早急に整備し、土地利用上の保全対策区分を行います。
  2. 都道府県単位及び広域規模の開発、防災、土地保全計画等の策定に当たり利用できます。

調査機関

縮尺

縮尺20万分の1(面積の小さい県にあっては10万分の1又は15万分の1の縮尺)

調査成果

  1. 自然環境条件図
  2. 土地利用・植生現況図
  3. 災害履歴図
  4. 防災・土地保全等施設図
  5. 土地保全等関係法令指定区域図
  6. 土地利用動向図
  7. 貴重な自然・保護すべき文化財等分布図
  8. 土地保全基本図
  9. 付属説明書

事業量

調査完了府県(30府県)

千葉県、鹿児島県、奈良県、広島県、新潟県、大阪府、愛媛県、宮城県、静岡県、岩手県、埼玉県、和歌山県、佐賀県、島根県、福岡県、長崎県、徳島県、香川県、愛知県、高知県、滋賀県、岡山県、沖縄県、熊本県、富山県、京都府、山形県、山口県、鳥取県、神奈川県

調査期間

昭和53年~

本県の状況

  • 平成12年に調査開始
  • 平成14年に調査成果を公表

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部地域創生・人口対策課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1841   ファクス番号:055(223)1850

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について