トップ > くらし・防災 > 文化芸術 > 文化財 > 山梨の文化財リスト(登録有形文化財:建造物) > 山梨の文化財ガイド(データベース)登録有形文化財02

更新日:2014年11月10日

ここから本文です。

 山梨の文化財ガイド(データベース)登録有形文化財02

[目次]

 

「山梨の文化財ガイド」ホームへ

前へ

次へ

 

 

 

 TY0011

国登録 有形文化財

 イメージ無しのアイコン

  • 旧富岡敬明家住宅厩

きゅうとみおかけいめいけじゅうたくうまや / 平成15年3月18日 / 甲府市善光寺町3135 / 個人

 

蔵の南方、一段低い平地に東西棟で建つ。桁行7間半梁間2間の細長の平面をもつ。もと茅葺、寄棟造、平屋建の馬小屋で、東方桁行3間半分を厩、西方を8畳と6畳の居室とする。蔵とともに屋敷地頭部の主要素になり、屋敷南正面に欠くことのできない存在。

 TY0012

国登録 有形文化財

イメージ無しのアイコン

  • 旧富岡敬明家住宅石塁

きゅうとみおかけいめいけじゅうたくせきるい / 平成15年3月18日 / 甲府市善光寺町3135 / 個人

 

屋敷地西方を南北に流れる高倉川の氾濫時の土石流から主屋を防御する目的も兼ねて築造。主屋の北方から西方にかけて、玉石あるいは割石積みの高さ1.3m~1.5m、幅1~2m程の石堤や高さ1m程の石垣を要所に配置する。宅地の造成経緯を知るうえで貴重。

  TY0013

国登録 有形文化財

赤レンガ館

 

  • 山梨大学赤レンガ館

やまなしだいがくあかれんがかん / 平成18年10月18日 / 甲府市北新1-4-2 / 国立大学法人 山梨大学

 

歩兵49連隊糧秣庫として建設。煉瓦造平屋建、切妻造、桟瓦葺で、桁行20間、梁間5間規模。当初は桁行を4等分して間仕切り、各室の両側面と両妻面に櫛形アーチの戸口を設け、櫛形アーチの窓を開く。外壁は煉瓦のオランダ積。小屋組はキングポストトラス。

 TY0014

国登録 有形文化財

鹿留発電所うそぶき水路吐口部

  • 鹿留発電所うそぶき水路吐口部

ししどめはつでんしょうそぶきすいろはきぐちぶ / 平成9年11月5日 / 富士吉田市旭5-2457-1、5-2462-1、5-2636-1 / 東京電力株式会社

 

河口湖の水を宮川へと導き、下流で発電の用に供するための水路。斜面の中腹に石造の坑口を設け、斜面を開渠で流下させる構成である。呑口部と同様に石積みの構法等に時代の特徴が現れており、また年月を経て周囲の景観に溶け込んでいる。

 TY0015

国登録 有形文化財

駒橋発電所落合水路橋

  • 駒橋発電所落合水路橋

こまはしはつでんしょおちあいすいろきょう / 平成9年9月3日 / 都留市古川渡字落合 / 東京電力株式会社

 

東京電灯(現東京電力)駒橋発電所関連の施設として建設された水路橋で、菅野川を越える地点に作られた。河床を3連アーチで越え、東側に小さな4つのアーチを設ける。簡素な外観であるが、ひときわ目に付く現在では珍しい大規模な煉瓦構造物である。

 TY0016

国登録 有形文化財

旧明治医院

  • 旧明治医院

きゅうめいじいいん / 平成10年7月23日 / 都留市古川渡567 / 個人

 

都留市小形山出身の輻形盛平氏が医院開業のため現在地に移築したと伝える。古典主義建築の骨格をとり、隅柱もイオニア風のジャイアントオーダーを模すが、プロポーションはミニュチア的で愛らしい小品となっている。軒下などの装飾細工にも見所がある。

 TY0017

国登録 有形文化財

飯島家住宅(飯島楼)

  • 飯島家住宅 (旧飯島楼)

いいじまけじゅうたく (きゅういいじまろう) / 平成9年7月15日 / 山梨市小原西765 / 個人

 

旧青梅街道の小原宿の中ほどに街道に面して建つ。木造2階建てで、ほぼ長方形の平面に入母屋造妻入の玄関を付し、1階平面には中廊下に六畳の客間を配する。2階の縁から富士山を望むことができたといい、近代初期の旧街道の面影を今に伝えて親しまれている。

 TY0018

国登録 有形文化財

旧根津家住宅主屋

  • 旧根津家住宅主屋

きゅうねづけじゅうたくおもや / 平成19年12月5日 / 山梨市正徳寺字柳田296他 / 山梨市

 

木造2階建を中心に事務室や台所などの棟からなる。主体部は1、2階とも座敷3室が1列に並び、最奥室にトコ等を設ける。屋根は起りのある桟瓦葺屋根で、軒まわりを銅板葺とする。外壁は黄漆喰仕上げ。平書院の瀟洒な建具など、洗練された意匠の近代和風建築。

 TY0019

国登録 有形文化財

旧根津家住宅土蔵

  • 旧根津家住宅土蔵

きゅうねづけじゅうたくどぞう / 平成19年12月5日 / 山梨市正徳寺字柳田296他 / 山梨市

 

桁行4間半梁間2間の蔵前を介して主屋と接続する3階建土蔵で、切妻造桟瓦葺の置屋根とする。外壁は白漆喰塗で、腰を海鼠壁とし、黄漆喰仕上げの蔵前と鮮やかな対照をみせる。2段に水切りを設け、妻側は各階に庇付窓を開け、リズム感のある外観とする。

 TY0020

国登録 有形文化財

旧根津家住宅長屋門

  • 旧根津家住宅長屋門

きゅうねづけじゅうたくながやもん / 平成19年12月5日 / 山梨市正徳寺字柳田296他 / 山梨市

 

旧青梅街道に面して建つ。北西を正面とする桁行16間梁間3間の規模。屋根は起りのある寄棟造桟瓦葺。中央3間を通路とし持送りを数多く設け装飾的にする。通路両側に各桁行6間半の部屋を造り、それぞれ正面2ヶ所に庇付出格子を設け、対称的な外観に造る。

前へ

次へ

 

 

 

 

このページのトップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部文化振興・文化財課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1790   ファクス番号:055(223)1793

広告スペース

広告掲載について