更新日:2014年3月13日

ここから本文です。

 山梨の文化財ガイド(データベース)絵画02

[目次]

 

「山梨の文化財ガイド」ホームへ

前へ

次へ

 

 

 

 P0012

国指定 重要文化財 絵画

絹本著色釈迦八相図

  • 絹本著色釈迦八相図

けんぽんちゃくしょくしゃかはっそうず / 平成3年6月21日 / 身延町身延 / 久遠寺

 

釈迦の生涯における伝説的な事件を8つの場面に描いたもの。作者は孫君沢と伝えられている。製作年代は13世紀末と推定される。

 P0013

県指定 有形文化財 絵画

イメージ無しのアイコン

  • 絹本著色浄土曼荼羅図

けんぽんちゃくしょくじょうどまんだらず / 昭和35年11月7日 / 甲府市善光寺 / 善光寺

 

作者は不明だが、鎌倉時代の作と考えられる。画面いっぱいに阿弥陀三尊を中心とする壮麗な極楽浄土を図絵する。

 P0014

県指定 有形文化財 絵画

イメージ無しのアイコン

  • 絹本著色善光寺如来絵伝

けんぽんちゃくしょくぜんこうじにょらいえでん / 平成10年6月8日 / 甲府市善光寺 / 善光寺

 

本絵伝はかつて信濃善光寺に伝来したものを永禄2年(1559)武田信玄信濃経略の途次、善光寺如来を甲府に移安した際に、諸宝と一緒に移されたと推測される。この絵伝は二幅から構成され、第一幅には天竺と百済における善光寺如来の伝説説話が、第二幅には日本における善光寺如来の受容と伝来の物語が絵画化され、一応完結しており、もともと二幅からなる善光寺如来であったことは疑いない。

 P0015

県指定 有形文化財 絵画

イメージ無しのアイコン

  • 紙本著色渡唐天神像

しほんちゃくしょくととうてんじんぞう / 昭和40年8月19日 / 甲府市太田町 / 一蓮寺

 

武田信玄筆の伝承がある。図中の賛は、慶長2年(1597)鉄山宗純が、天神像の古図から10僧の賛を写し取り、最後に自身も賛を加えた一筆からなっている。

 P0016

県指定 有形文化財 絵画

イメージ無しのアイコン

  • 絹本著色柿本人麻呂像

けんぽんちゃくしょくかきのもとのひとまろぞう / 平成12年3月2日 / 甲府市太田町 / 一蓮寺

 

本図は一蓮寺で催された歌会などで画像を飾って行なう「人麿影供」に用いられたものと考えられる。法量は縦94.8cm、横40.0cm。制作時期は南北朝時代と考えられる。

 P0017

県指定 有形文化財 絵画

イメージ無しのアイコン

  • 絹本著色束帯天神像

けんぽんちゃくしょくそくたいてんじんぞう / 平成12年3月2日 / 甲府市太田町 / 一蓮寺

 

怒りの表情をあらわにする「怒り天神」のうち、束帯姿で円座に坐る、いわゆる「綱敷天神像」である。本図は一蓮寺において連歌会で祀られたと考えられる。制作時期は室町時代と考えられる。

 P0018

県指定 有形文化財 絵画

イメージ無しのアイコン

  • 絹本著色柳沢吉保像 (自賛) 狩野常信筆

けんぽんちゃくしょくやなぎさわよしやすぞう(じさん)かのうつねのぶひつ / 平成9年12月15日 / 甲府市太田町 / 一蓮寺

 

柳沢吉保が元禄15年(1702)に狩野常信に描かせた自らの画像3幅対の一つで、自ら賛を加えている。

 P0019

県指定 有形文化財 絵画

イメージ無しのアイコン

  • 紙本著色渡唐天神像

しほんちゃくちょくととうてんじんぞう / 昭和40年8月19日 / 甲府市愛宕町 / 長禅寺

 

武田逍遥軒信綱の作とされる。逍遥軒は信玄の弟で、すぐれた武将であると同時に著名な画人であり、本画も描写は的確で、筆致も力にあふれている。しかし、落款には「逍遥軒信繁謹描拝賛之」とあり、信綱とは読みがたく、なお研究の余地を残している。

 P0020

県指定 有形文化財 絵画

イメージ無しのアイコン

  • 絹本著色雪田和尚画像

けんぽんちゃくしょくせつでんおしょうがぞう / 昭和42年8月7日 / 甲府市塚原町 / 恵雲院

 

武田信虎、信玄によって2度に渡って恵運院に迎えられた雪田和尚の画像。信玄の弟信廉(のち逍遥軒信綱)の作。道徳円満な名僧の真姿を余すところなく伝えており、甲府長禅寺の信虎夫人画像(重要文化財)、大泉寺の信虎画像(同)とともに、信廉筆肖像画の三大傑作ということができる。

 P0021

県指定 有形文化財 絵画

イメージ無しのアイコン

  • 紙本金地著色龍虎梅竹図六曲屏風

しほんこんじちゃくしょくりゅうこばいちくずろっきょくびょうぶ / 平成15年5月1日 / 都留市下谷 / 長生寺

 

右隻に竹林に遊ぶ双虎、左隻に紅白梅の咲く池辺に現れた雲龍の両者を対置する六曲一双屏風の大作である。

次へ

前へ

 

 

 

 

このページのトップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部文化振興・文化財課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1790   ファクス番号:055(223)1793

広告スペース

広告掲載について