更新日:2014年3月25日

ここから本文です。

 山梨の文化財ガイド(データベース)彫刻07

[目次]

 

「山梨の文化財ガイドホームへ

次へ

前へ

 

 

 

 C0062

県指定 有形文化財 (美術工芸品-彫刻)

木造十二神将立像

  • 木造十二神将立像

もくぞうじゅうにしんしょうりゅうぞう / 平成10年6月8日指定 / 笛吹市八代町永井 / 瑜伽寺

 

いずれもヒノキ材製で、そのほとんどは頭体を通して一材製・前後割矧造だが、子・辰の二神のみが頭体を通して前後二材の寄木造である。表面に紙貼を施し彩色されているが、光背・台座とも近世の後補である。

 C0063

県指定 有形文化財 (美術工芸品-彫刻)

木造不動明王坐像

  • 木造不動明王坐像

もくぞうふどうみょうおうざぞう / 平成14年12月9日指定 / 笛吹市春日居町熊野堂 / 熊野堂下区

 

ヒノキ材・一木造の丈六不動明王座像。所在地熊野区は古く立川の荘であったと伝えられることから、「立川不動尊」と地元では称されている。頭体幹部を、木心を中心に籠めた経106cmものヒノキの一材から彫り、両脚部もこれに劣らぬ一材でつくられている。

 C0064

県指定 有形文化財 (美術工芸品-彫刻)

木造蔵王権現立像

  • 木造蔵王権現立像

もくぞうざおうごんげんりゅうぞう / 平成17年12月26日指定 / 笛吹市御坂町成田1501-1 / 山梨県・山梨県立博物館

 

金峰山信仰の中心的な尊像である蔵王権現の典型的な像。髻正面に山形の宝冠をつけ、両こめかみ辺りから大きく炎髪をあらわす。瞋目にして、上歯で下唇を噛み、両側に下牙を見せる。ヒノキ材の一木造で、12世紀頃の制作と考えられる。

 C0065

県指定 有形文化財 (美術工芸品-彫刻)

木造阿弥陀如来及両脇侍像

  • 木造阿弥陀如来及両脇侍像

もくぞうあみだにょらいおよびりょうわきじぞう / 平成19年4月26日指定 / 笛吹市御坂町成田 / 九品寺

 

中尊は12世紀末から13世紀を通じて流行したいわゆる来迎印の三尺弥陀立像であるが、一見して通常この種の像とは異なる存在感がある。それは骨組みのしっかりした体躯にメリハリのある肉取りと、そこに刻まれたにぎやかでしかも整理された衣摺の表現があいまっての印象である。

 C0066

県指定 有形文化財 (美術工芸品-彫刻)

木造五大明王像

  • 木造五大明王像

もくぞうごだいみょうおうぞう / 平成9年6月12日指定 / 笛吹市春日居町桑戸 / 桑戸区

 

不動明王、降三世明王、軍茶利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王の各尊像がある。すべて桧材の一木造。

 C0067

県指定 有形文化財 (美術工芸品-彫刻)

木造阿弥陀如来坐像

  • 木造阿弥陀如来坐像

もくぞうあみだにょらいざぞう / 昭和40年5月13日指定 / 上野原市鶴島 / 法性寺

 

坐高62.7cm、内刳のある桧材の寄木造。三尊像の中尊である。漆地粉溜、漣波式の流麗な法衣は、豊頬で優雅な面相とあいまって、藤原時代の特徴を伝える。

 C0068

県指定 有形文化財 (美術工芸品-彫刻)

木造地蔵菩薩立像

  • 木造地蔵菩薩立像

もくぞうじぞうぼさつりゅうぞう / 昭和40年5月13日指定 / 上野原市西原 / 宝珠寺

 

坐高96.1cm、内刳のある桧材の寄木造。左手首から先が欠損しており宝珠はなく、錫杖も持たないが、静寂の中にも慈愛に満ちた相好の秀作である。

 C0069

県指定 有形文化財 (美術工芸品-彫刻)

弁才天女曼荼羅版木

  • 弁才天女曼荼羅版木

べんざいてんにょまんだらはんぎ / 昭和56年3月12日指定 / 上野原市西原 / 一宮神社

 

法量は縦100.5cm、横35.7cm、厚さ約3.5cm。製作時期は刻銘から文明12年(1480)と想定できる。内容の構成は、中央に大きく頭光・身光を背にし、蓮座上に安座する八臂の弁才天を表し、その後方に鳥居形を示している。

 C0070

県指定 有形文化財 (美術工芸品-彫刻)

木造夢窓国師坐像

  • 木造夢窓国師坐像

もくぞうむそうこくしざぞう / 昭和35年11月7日指定 / 甲州市塩山小屋敷 / 恵林寺

 

頭部は塑造、躰躯は木造(江戸期)という得意なつくりである。坐高72.0cm、玉眼入り、胡粉地に彩色がほどこされている。夢窓国師は元徳元年(1330)に恵林寺を開創した。

 C0071

県指定 有形文化財 (美術工芸品-彫刻)

木造業海本浄和尚坐像

  • 木造業海本浄和尚坐像

もくぞうごっかいほんじょうおしょうざぞう / 昭和35年11月7日指定 / 甲州市大和町木賊 / 棲雲寺

 

天目山棲雲寺を開山した業海本浄和尚の彫像。文和2年(1353)に伯耆法眼により製作された。坐高61.0cm。

前へ

次へ

 

 

 

 

このページのトップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部文化振興・文化財課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1790   ファクス番号:055(223)1793

広告スペース

広告掲載について