更新日:2018年4月26日

ここから本文です。

山梨インターネット放送局

河口の稚児の舞

平成30年4月25日

南都留郡富士河口湖町河口

4分30秒

世界文化遺産・富士山の構成遺産「河口浅間神社」では、「河口の稚児の舞」が奉納されます。
稚児の舞は、平成29年3月に国重要無形民俗文化財に指定された神楽で、864年の富士山貞観噴火を鎮めた祭神に捧げたのが始まりと伝えられています。
舞手は地元の小学生が務め、舞の指導者らでつくる保存会が約1ヵ月かけて伝承していきます。
4月25日の例大祭では、「扇の舞」、「剣の舞」、「御幣の舞」が披露され、7月28日の太々御神楽祭では「八方の舞」と「宮めぐりの舞」を加えた5種類の舞が計7時間に渡り奉納されます。
代々受け継がれてきた美しい所作が、厳かさを感じさせます。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総合政策部広聴広報課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1336   ファクス番号:055(223)1525

山梨県教育委員会教育庁学術文化財課 
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1790   ファクス番号:055(223)1793

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?