更新日:2011年2月21日

ここから本文です。

山梨インターネット放送局

田野十二神楽

平成23年1月15日

田野地区公民館(甲州市大和町田野)

2分

甲州市大和田野地区の小正月行事として受け継がれきた県指定無形民俗文化財「田野十二神楽」は、江戸時代前半期後半ころから伝承されています。
貴重な民俗芸能で十二神楽の呼び名は、神楽の舞が十二段にわたって構成されているところから名付けられたものです。
特徴は、一連の神楽を演ずる前、あるいは中間などに「湯立て」という神事が行なわれることと、舞の中に獅子舞とか天狗の舞いが登場することです。
また、道化を演ずる演目の中に2人の演者がばくちや相撲のしぐさなど、庶民性の強い内容があり、ほかの太々神楽では見られないものがあります。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総合政策部広聴広報課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1336   ファクス番号:055(223)1525

山梨県県民生活部生涯学習文化課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1319   ファクス番号:055(223)1322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?