平成23年(2011年)山梨県商品流通調査の概要


平成23年(2011年)山梨県商品流通調査の概要

1.調査の目的

 
地域間における商品流通調査状況を明らかにし、山梨県等が作成する産業連関表のための基礎資料を得る。


2.調査の対象

 【地域】 山梨県内
 【単位】 事業所
 【属性】 日本標準産業分類の大分類E−製造業のうち、本調査の調査対象品目を生産している事業所
 【調査対象数】 1,262事業所 (平成23年調査)
 【回収率】 52.8% (平成23年調査)


3.抽出方法

 標本調査
 【選定】 有意抽出
 【抽出方法】 経済産業省が実施した「平成23年商品流通調査」は、工業統計調査及び経済産業省生産動態統計調査の名簿及び個票から、各調査品目の生産規模の大きい事業所の順に生産額のおおむね70〜80%をカバーする事業所を抽出。山梨県が実施した商品流通調査の対象は、経済産業省が実施した調査の対象となった事業所を除いた県内事業所から抽出。


4.調査事項

 
・自工場生産額
 ・うち自工場消費額
 ・うち輸出向出荷額
 ・うち国内向出荷額
 ・国内向出荷額の消費地別構成比
 ・国内向出荷額の販売先業種別構成比
【調査票】 商品流通調査票


5.調査の時期

 
【調査対象期日】 平成23年暦年 (平成23年調査)
 【調査実施期日】 平成24年6月1日〜8月31日 (平成23年調査)


6.調査の方法

 
【調査経路】経済産業省(経済産業局)及び山梨県→調査事業所
 【配布方法】郵送
 【収集方法】郵送

7.結果の公表

 
調査結果は、「やまなしの統計」ホームページにて公表します。
 ◎平成23年山梨県商品流通調査 調査結果

(参考)
 経済産業省「平成23年商品流通調査」の調査結果は、同省ホームページにて公表されています。
経済産業省へ<http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/ryuutuu/index.html



 
平成23年山梨県商品流通調査統計表(Microsoft Excel 2010 作成ファイル)

1.消費地別構成表

  消費地別構成表とは、この調査で補足し得た平成23年の国内向けに出荷した額がどの地域に出荷されたかの構成比(%)を取りまとめたものです。

2.販売先業種別構成表

  販売先業種別構成表とは、国内向けに出荷された額がどの業種に販売されたかの構成比(%)を取りまとめたものです。なお、販売先業種は第3順位までを調査しており、第4順位以下の残差分を「不詳」として集計しています。

□利用上の注意

1.本調査は、品目別の消費地別構成比、販売先業種別構成比を得ることを目的として、調査対象事業所に対して調査したものであり、消費地別出荷額等を調査したものではありません。

本調査は、各品目を生産するすべての事業者を対象とはしていないため、生産額等の金額については各種統計調査の集計結果とは乖離しています。 なお、金額については参考値として掲載しており、本調査の国内向出荷額に消費地別構成比を乗じて消費地別出荷額を求めても、消費地別出荷額の実態値とは異なるものとなりますので、ご注意ください。

本調査は、平成23年に行われた活動(生産や出荷)を対象としています。(出荷には、平成22年に生産された製品(在庫)なども含めた出荷額を調査対象としています。)

集計は、消費税抜きに統一した上で行っており、品目別については、工業統計調査及び生産動態統計調査の結果を基に加重平均して部門統合をおこなっています。


平成23年山梨県商品流通調査結果の使い方について ( HTMLファイル)



やまなしの統計へ


過去3年間の統計データへ