トップ > 組織から探す > 東京事務所 > 事務所の変遷

更新日:2009年1月16日

ここから本文です。


事務所の変遷

東京事務所の設置(昭和24年6月~)

昭和22年に日本国憲法と地方自治法が同時に施行され、地方自治制度の確立に伴い、地方公共団体が処理すべき事務は広域化し、複雑化が進むとともに、地方財政は急激に増大の方向に進み始め、国と地方自治体は行政、財政上密接化をせまられ、省庁との行政連絡や情報収集事務のウエイトが大きくなってきました。

そこで、昭和24年6月、東京都港区麻布本町110番地(現在の港区南麻布三丁目6番5号)に、公用のため上京した県職員等に対し宿泊の便宜を図ること、及び本庁と各省庁との連絡事務に任じることを目的として、東京事務所(県総務部人事課の出先機関)が発足しました(昭和24年6月9日県告示第103号)。なお、当時の建物は、事務所と宿舎を併設したものでした。

以来、国や他の都道府県との関係はますます深くなり、地方交付税、地方債、各種国庫補助金の配分などをはじめ、行財政面での都道府県間の競争が激しくなり、各省庁との行政連絡や情報収集が主要業務となりました。

都道府県会館(昭和35年3月~)

東京都千代田区平河町に都道府県会館が建設されたのを機会に、昭和35年3月24日事務所を同会館4階に移転しました。それに伴い、従来の港区南麻布にある事務所は「山梨寮」として宿泊専用施設となりました。
   その後、昭和44年7月、都道府県会館別館増築に伴い別館7階713号に移転するとともに会議室を新設しました。さらに平成8年1月からは同会館の建替え工事の間、千代田区有楽町の東京都丸の内庁舎に移りました。


新都道府県会館(平成11年3月~)

平成11年3月からは、複合的機能を有するインテリジェントビルとして新たに完成した新都道府県会館13階に移転し業務を行っています。
   都道府県会館は、国会や中央官庁に近く、館内には44都道府県の事務所のほか、全国知事会などの団体が入館しており、国会、各省庁、各種団体等との渉外連絡の要となっており、当事務所も首都圏における県及び市町村の効率的かつ効果的な行政の推進等のため、国、省庁との連絡・連携窓口としての機能をはじめ、情報収集拠点の役割を果たすべく活動しています。


事務所組織

事務所の組織としては、当初は職員4名でスタートしましたが、昭和43年4月に庶務係、連絡係が設置され、また、国の行政機構が複雑多岐となり、その情報収集、連絡業務もますます重要となるに従い、当事務所も昭和50年4月には総務課、行政課が設置されました。
   さらに平成7年からは産業振興課を新設して体制の強化を図りましたが、平成15年の組織改革により、産業振興課は、農政部果樹食品流通課の所管となりました。
   平成18年度までは総務課、行政課の2課体制となっておりましたが、多様化する要望に的確かつスピーディに対応していくため、平成19年度から課の垣根を取り払い、全員スタッフとして活動する体制としております。


山梨寮、そして麻布会館へ

 昭和35年3月都道府県会館が建設され、事務所が移転したことから、従来の南麻布の事務所は「山梨寮」として宿泊専用施設となりました。当時の建物は、木造瓦葺2階建家屋を買い取り整備したものでしたが、元々の建物が明治30年頃建てられたものであり、時代の経過とともに土台、屋根等をはじめ壁、建具等全般的に損耗が激しくなってきたこと、また、収容能力が最高25名程度であり職員の需要に応じ切れなかったことなどから、昭和40年に改築がなされました。

翌41年1月には全17室を備えた鉄骨鉄筋コンクリート3階建ての宿泊施設として開館し、名称は改めて「山梨県東京事務所麻布会館」とされました。以後、上京職員の都内宿泊施設として運営され、多くの職員に幅広く利用されていましたが、会館の老朽化、陳腐化の一方、交通事情の進展、民間の新たな宿泊施設の増加などに伴い、利用者が減少したことから平成13年3月をもって閉館しました。

なお、当会館は、公有財産の所管換えにより、総務部から商工労働観光部に引き継ぎ、改修の後、平成14年4月「山梨県東京物産観光センター」として開設しましたが、東京日本橋に山梨の魅力を伝える首都圏の拠点として「富士の国やまなし館」が移転オープンしたことから、当センターは閉館となりました。

富士の国やまなし館は、周囲を取り囲む山々を香り高い山梨の「木」で表現するとともに、富士山や桃の花などのリアルタイムの映像、ワインを楽しめるコーナー、ジュエリーや織物等の展示など、五感で山梨の魅力を感じていただけるスペースとなっています。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総合政策部東京事務所 
住所:〒102-0093 東京都千代田区平河町二丁目6-3都道府県会館13階
電話番号:03(5212)9033   ファクス番号:03(5212)9034

広告スペース

広告掲載について