更新日:2017年5月15日

ここから本文です。

国際スポーツ交流事業

山梨県は、中国四川省(友好県省締結)と昭和62年度から、韓国忠清北道(姉妹県道締結)と平成4年度から、招へいと派遣を相互に行うスポーツの定期交流を実施し、相互の親善とスポーツの振興を図っています。

現在、中国四川省とは、5年ごとに相互の招へいと派遣を、韓国忠清北道とは、1年交代で行う交流を見直し、平成24年度から、3年ごとに相互の招へいと派遣を実施しています。

 平成28年度

平成28年度は韓国忠清北道・中国四川省へ本県スポーツ交流団を派遣しました。

 韓国忠清北道

平成28年11月8日~12日までの5日間、山梨県スポーツ交流団21人が、韓国忠清北道を訪問しました。

本年度は、ソフトボール(高校生女子)を交流競技として、忠清北道の忠北大学付属高校の選手と本県の選抜チーム(帝京第三高校・甲府昭和高校・甲斐清和高校・塩山高校・甲府商業高校・甲府城西高校・富士河口湖高校の7校)の選手が、合同練習・交流試合などを行いました。

競技日は、天候に恵まれず、非常に寒い中ではありましたが、両県道の選手たちは、真剣な眼差しで競技を行い、熱戦が展開されました。

試合結果は2戦2敗となりましたが、本県の選手たちは、使い慣れない革ボールでの試合に健闘しました。

また、双方の選手たちは試合だけでなく昼食時や施設見学時にすぐに打ち解け、スマートフォンで一緒に記念撮影をするなど、楽しそうな姿が見られ、友好と親善を一層深める交流になりました。

開会式後の両県道選手団

合同練習の様子

交流試合の様子

 

 中国四川省

平成28年9月5日~9月11日までの7日間、山梨県スポーツ交流団20人が、中国四川省を訪問しました。

本年度は、バスケットボール(高校生女子)を交流競技として、四川省の宜賓市(ぎひんし)第一高校・第三高校の選手と本県の選抜チーム(韮崎高校・富士学苑高校・富士北陵高校・日川高校・甲府商業高校)の選手が合同練習・交流試合などを行いました。

交流試合・合同練習では、お互いに白熱したレベルの高いプレーを披露し、競技力を高め合うことができました。

また、競技の合間や昼食時には、すぐに打ち解け、選手同士で記念撮影を行うなど、友好と親善を深めることができました。

開会式後の両県省選手団

 

交流試合の様子

 

合同練習の様子

 平成27年度

平成27年度は韓国忠清北道・中国四川省のスポーツ交流団を山梨県に招へいしました。

韓国忠清北道

平成27年12月16~20日までの5日間、韓国忠清北道スポーツ交流団21人が山梨県を訪れました。

本年度は、女子ソフトボールを交流競技として、忠清北道の忠北大学付属高校の選手と本県の選抜チーム(塩山高校・甲斐清和高校・山梨学院高校・帝京第三高校・甲府商業高校・韮崎高校・富士河口湖高校の7校)の選手が、合同練習・交流試合などを行いました。

2日間の交流は、天候にも恵まれた中で熱戦が展開されました。

合同練習では、両県道の選手はすぐにうち解け、とても明るく活気のあるものとなりました。また、試合結果も1勝1敗と、実力の均衡した緊張感のある好ゲームが展開されました。

さらに、選手達は試合だけでなく、昼食時や施設見学時などに楽しそうに交流している姿が見られ、送別会の際には別れを惜しんでいました。

開会式後の両県道選手団

 

合同練習の様子

 

交流試合の様子

 中国四川省

平成27年11月13日~18日までの6日間、中国四川省スポーツ交流団15人が山梨県を訪れました。

バスケットボールを交流競技として、四川省の宜賓(ぎひん)市第三中学校の選手と、本県の選抜チーム(富士学苑高校・韮崎高校・日川高校・吉田高校の4校)の選手が合同練習や交流試合などを通じて、技術を高めるとともに、お互いの交流を深めました。

合同練習では、両県省の選手がチームの枠を越えて技術向上に取り組みました。

送別会には、両県省の選手が出席し、歓談したり写真を撮り合ったりすることで、友好を一層深めていました。

開会式後の両県省選手団

 

合同練習の様子

 

交流試合の様子

平成25年度

平成25年度は韓国忠清北道へ本県スポーツ交流団を派遣しました。

韓国忠清北道

平成25年11月25日~11月29日までの5日間、山梨県スポーツ交流団20人が、韓国忠清北道を訪問しました。

本年度は、アーチェリー(高校生男女)を交流競技として、忠清北道の忠北体育高校の選手と本県の東海大学甲府高校・甲府第一高校・甲府城西高校の3校の選手が、合同練習・交流試合などを行いました。

競技日は、数センチの雪が降り、非常に寒い中ではありましたが、両県道の選手たちは、真剣な眼差しで競技を行い、お互いの技術を高め合いました。また、競技の合間や昼食時などには、選手同士が楽しそうに交流している姿が見られ、友情を深めることができました。

送別会では、忠清北道の選手の皆さんもご出席いただき、選手同士で記念撮影を行うなど、楽しい時間を過ごすことができましたが、最後には、お互いの別れを惜しむ姿がとても印象的でした。

 

開会式後の両県道の選手団

 

個人練習の様子

 

男女混合チーム戦の様子

平成24年度

平成24年度は韓国忠清北道スポーツ交流団を山梨県に招へいしました。

韓国忠清北道

平成24年10月30日~11月3日までの5日間、韓国忠清北道スポーツ交流団19人が山梨県を訪れました。

アーチェリーを交流競技として、忠清北道の忠北体高・元峰中・龍城中の選手と本県の東海大学甲府高校・甲府第一高校・甲府城西高校の3校の選手と交流試合などを通じて交流を深めました。

交流試合では、男女チーム戦・男女混合チーム戦・山梨県、忠清北道の混合チーム戦を行いました。その中で両県道の選手が互いに競い合い、良い緊張感で交流試合を行いました。また、練習や交流試合の合間には、選手同士がお互いの持ち物を交換するなど、積極的に交流する姿勢が見られました。

送別会では両県道の選手同士が別れを惜しみ、来年度の再会を誓い合う姿は印象的でした。

 

開会式後の両県道の選手団

 

交流試合の様子

 

交流試合後の閉会式整列の様子

 平成23年度

平成23年度は韓国忠清北道・中国四川省に本県スポーツ交流団を派遣しました。

 韓国忠清北道

平成23年8月8日~13日までの6日間、山梨県スポーツ交流団21人が、韓国忠清北道を訪問しました。

本年度は、ホッケー(高校生女子)を交流競技として、忠清北道堤川商業高校と山梨県の巨摩高校が、交流試合を通じて、お互いの技術を高め合いました。

2日間の交流試合は、天候にも恵まれた中で熱戦が展開されました。

試合結果は2戦2敗となりましたが、第2試合は、最後の最後まで接戦を繰り広げ、お互いレベルの高いプレーを披露した素晴らしいゲームでした。

また、両県道の選手は、試合の合間や昼食時には、すぐにうち解け、和やかな歓談の輪を広げました。

送別のレセプションでは、忠清北道の選手の皆さんもご出席頂き、両県道の高校生同士が、友好と親善を一段と深めることができました。

 

熱戦前の両県道の選手団

 

熱戦の様子

 

熱戦を終えての記念撮影

 

 中国四川省

平成23年9月14日~20日までの7日間、山梨県スポーツ交流団20人が、中国四川省を訪問しました。

本年度は、サッカー(高校生女子)を交流競技として、四川省選抜チームや成都第18中学校と山梨県の選抜チームが、交流試合を通じて、お互いの技術を高め合いました。

2日間の交流試合は、天候にも恵まれた中で熱戦が展開されました。

試合結果は2戦1勝1分となりました。1試合目は、四川省選抜チームと対戦し、0対0の引き分けでしたが、お互いのもてる体力と技術を存分に発揮した素晴らしいゲームでした。

また、両県省の選手は、試合の合間には、すぐにうち解け、和やかな歓談の輪を広げ、両県省の高校生同士が、友好と親善を一段と深めることができました。

 

四川省教育庁表敬訪問

 

熱戦前の両県省の選手団

 

記念品交換

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会教育庁スポーツ健康課 
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1 
電話番号:055(223)1780   ファクス番号:055(223)1786

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について