○物品等に係る競争入札に参加する者に必要な資格等

平成十四年二月二十八日

山梨県告示第六十四号

地方自治法施行令(昭和二十二年政令第十六号。以下「令」という。)第百六十七条の五第一項及び第百六十七条の十一第二項の規定に基づき、県が発注する物品の購入、製造の請負その他の契約(建設工事の請負並びに建設工事に係る測量、調査、設計及び監理の委託並びに土木施設(道路、河川、公園、下水道施設その他別に定める施設をいう。)の維持管理業務についての契約を除く。)に係る一般競争入札又は指名競争入札(以下「競争入札」という。)に参加する者に必要な資格等について次のとおり定め、平成十四年三月一日から適用し、物品等に係る競争入札に参加する者に必要な資格等(平成十二年山梨県告示第百五十五号)は、廃止する。

一 競争入札に参加することができる者

競争入札に参加することができる者は、次のいずれにも該当しない者で、競争入札の参加資格に関する審査(以下「資格審査」という。)を受け、資格を有すると認められたものとする。

1 令第百六十七条の四第一項各号(令第百六十七条の十一第一項において準用する場合を含む。)のいずれかに該当する者

2 令第百六十七条の四第二項(令第百六十七条の十一第一項において準用する場合を含む。以下同じ。)の規定により競争入札に参加させないこととされた者であって、令第百六十七条の四第二項の規定により定められた期間を経過していないもの

3 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成三年法律第七十七号)第二条第六号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)又は法人であってその役員が暴力団員であるもの(令第百六十七条の四第一項第三号に該当する者を除く。)

4 営業に関し、許可、認可等が必要とされる場合において、これらを受けていない者

5 資格審査の申請を行う日の属する月の初日において、引き続き二年以上営業を営んでいない者

二 競争入札参加の資格審査を申請する者は、別に定める物品等競争入札参加資格審査申請書を提出すること。

改正文(平成二三年告示第三号)

平成二十三年四月一日から適用する。

改正文(平成二六年告示第九八号)

公布の日から適用する。

改正文(平成二六年告示第三四三号)

告示の日から適用する。

物品等に係る競争入札に参加する者に必要な資格等

平成14年2月28日 告示第64号

(平成26年12月11日施行)

体系情報
第3編 務/第5章
沿革情報
平成14年2月28日 告示第64号
平成23年1月6日 告示第3号
平成26年3月27日 告示第98号
平成26年12月11日 告示第343号