○山梨県森林総合研究所研修規程

昭和五十九年十月八日

山梨県告示第四百五十五号

〔山梨県林業技術センター研修規程〕を次のように定める。

山梨県森林総合研究所研修規程

(平六告示二四〇の二・改称)

(趣旨)

第一条 この規程は、山梨県森林総合研究所(以下「研究所」という。)が行う森林及び林業の研修に関し、必要な事項を定めるものとする。

(平六告示二四〇の二・平一三告示一七五・一部改正)

(研修の種類)

第二条 研修の種類、対象者及び内容は、次のとおりとする。

種類

対象者

内容

基礎研修

林業後継者並びに森林及び林業に関心のある県民

森林及び林業に関する基礎的な知識及び技術

専門研修

林業者、林業後継者、林業技術者、林業従事者等

森林及び林業に関する専門的な知識及び技術

技能者養成研修

森林組合等職員及び地域林業推進の中核となり得る林業従事者

林業全般に関する専門的な知識及び技術

(平一三告示一七五・一部改正)

(研修実施計画)

第三条 森林総合研究所長(以下「所長」という。)は、各年度ごとに、研修実施計画を作成し、林務環境事務所長、市町村長、森林組合長その他の関係機関の長に通知するものとする。

(平六告示二四〇の二・平一三告示一七五・平一八告示二〇三・一部改正)

(研修生の選考)

第四条 第二条に掲げる研修の対象者(以下「研修生」という。)は、所長に申し出た者のうちから所長が選考する。

(平一三告示一七五・全改)

(決定の通知)

第五条 研修生として選考された者については、その旨を本人に通知するものとする。

(平一三告示一七五・一部改正)

(研修生の責務)

第六条 研修生は、研修期間中所長の指示に従い、研修に専念するものとする。

(修了証書)

第七条 所長は、所定の研修を修了した研修生に対し、修了証書を授与するものとする。

(委任)

第八条 この規程の実施に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行し、昭和五十九年七月一日から適用する。

附 則(平成六年告示第二四〇号の二)

(施行期日)

1 この告示は、平成六年四月一日から施行する。

附 則(平成一三年告示第一七五号)

この告示は、平成十三年四月一日から施行する。

附 則(平成一八年告示第二〇三号)

この告示は、平成十八年四月一日から施行する。

山梨県森林総合研究所研修規程

昭和59年10月8日 告示第455号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第9編 務/第3章 導/第1節
沿革情報
昭和59年10月8日 告示第455号
平成6年3月31日 告示第240号の2
平成13年3月30日 告示第175号
平成18年3月31日 告示第203号