西島手漉和紙の発祥は、西暦1571年(元亀2辛未年)に始まると記録に残されている。
西島生まれの望月清兵衛が国主武田信玄の任により現在の静岡県伊豆修善寺で和紙製法の修行を積み、ふるさと西島にその製法を持ち帰ったことから始まる。

望月清兵衛は西島村民だけでなく西島以南の富士川流域にすむ人々にその製法を教え広めた。 望月清兵衛の持ち帰って紙はみつまたを主原料にした平滑で光沢の有る毛筆に適した紙だった。 この紙を手にした武田信玄は大変喜び自らこの紙を西未と命名し武田菱に西未の文字を刻んだ朱印を清兵衛に預け紙役人に任命した。

江戸時代には富士川流域では盛んに西未の紙が作られ静岡県富士川沿いの半紙の産地もこの流れ を受けつがれていると言われる。明治までは戦国時代とほとんど同じ道具で作られ、みつまたを 中心に記録用紙などの実用紙として広く使われた。明治から大正に掛けて機械で大量に作られる洋紙へと実用紙の需要は変わり始めた。西島和紙は この波にはのらず原料の加工や紙の乾燥のための道具を工夫しながら手漉きにこだわりつづけた。

第二次大戦後、それまでの半紙に変わり、紙問屋の一瀬憲とマルキ製紙の佐野清亀それに書道家の竹田悦堂らの研究により画仙紙を完成させ、全国に先駆けて販売し爆発的に広まった。現在も西島和紙の屋台骨となっている。画仙紙を全国に先駆けて作ったことにより西島和紙は大きく発展をし、機械化、省力化を行うなかで現在にいたっている。

 

手漉き雅仙紙

漢字用、ニジミが強く墨色が美しい。筆に適度な抵抗があり、作者が望む渇筆やニジミが思いのままに表現できる。それは、地元西島で収穫される原料の稲わらを独自の製法で和紙の原料に加工強いるからです。そして故紙を利用して、徹底的に樹脂分が取り除かれた紙と墨の相性は想像以上である。



手漉き半紙

漢字用、中、上級者向き。雅仙紙ほどにじまないが他の産地の半紙と比べるとニジミは多い。綺麗な墨色と線が出る。



みつまた賞状用紙、
   みつまた卒業証書用紙

原料のみつまたは一万円札の原料と同じ所から仕入れています。みつまたの紙は西嶋和紙の原型である。ふるくからの製法をまもり紙の色も生成りの鳥の子色で光沢がある。この紙は1000年以上保存が利く。卒業証書用紙は各学校の校章を入れて、一枚いちまい手作りで漉いている。最近では卒業生自身が紙を漉く体験ができる。


はがき

手漉きの葉書。絵手紙に最適である。特に「西島和紙工房」の葉書、名刺のデザインには目を見張る物がある。


名刺倶楽部

インクジェットのプリンターで本格的な耳付き名刺を作製できる紙。印刷してからちぎる。特許申請中である。


和紙の照明

自然の素材を取り入れた立体的な照明。


いろ紙

ちぎり絵用のいろ紙セット。


ブライダル用紙

結婚式用の紙製品。案内状から、ウエルカムボード、サンキューカード、席次表など結婚式で使う全ての紙を用意。
結婚前の共同作業としてふたりで自ら作ることも出来る。デザインも提案できる。