トップ > 組織から探す > 新事業・経営革新支援課 > やまなし水素・燃料電池バレー戦略工程表

更新日:2018年8月17日

ここから本文です。

やまなし水素・燃料電池バレー戦略工程表

山梨県では、今後成⻑が期待される⽔素・燃料電池産業の集積・育成を図るため、研究開発拠点等が集積している本県の優位性を活かし、水素・燃料電池関連産業の集積地「やまなし水素・燃料電池バレー」の実現を目指して、産学官⾦が連携して進める取り組みの方向性と目標を示す「水素・燃料電池バレー戦略工程表」を平成30年3月に策定しました。

取り組みの方向性

⼭梨⼤学燃料電池ナノ材料研究センターをはじめとする研究開発拠点の集積といった本県の強みを最⼤限に活かし、県内企業のポテンシャルが発揮される競争⼒の⾼い⽔素・燃料電池関連産業の振興を図るため、次の4つの柱(4I)で産学官が連携して各種の取り組みを進め、水素・燃料電池関連産業の集積地「やまなし水素・燃料電池バレー」の実現を目指します。

やまなし⽔素・燃料電池バレーの実現に向けた4つの柱(4I)

  • Innovation(イノベーション)
    ⼭梨⼤学の技術シーズ等を活⽤した燃料電池スタック等の開発
  • Incubation(インキュベーション)
    燃料電池を活⽤した新たなアプリケーションの事業化
  • Integration(インテグレーション)
    燃料電池⾃動⾞・家庭⽤燃料電池等への部品供給網の確⽴
  • Invitation(インヴィテーション)
    企業・研究機関等の誘致による産業基盤強化

やまなし⽔素・燃料電池バレーの実現に向けた取り組みの⽅向性

目標(2030年)

  • 参入企業200社
  • 売上1,000億円
  • 雇用者数5,000人

工程表の推進に向けた県の取り組み

工程表の推進に向けた県の取り組み

 

資料

やまなし水素・燃料電池戦略工程表[概要版](PDF:193KB)

やまなし水素・燃料電池戦略工程表[本文](PDF:1,281KB)

備考

本工程表は、「やまなし水素エネルギー社会実現ロードマップ」で示されている水素・燃料電池関連産業の振興について具体的な道筋を示すものです。

「やまなし水素エネルギー社会実現ロードマップ」については、エネルギー局ウェブサイトをご覧ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部新事業・経営革新支援課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1565   ファクス番号:055(223)1569

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について