トップ > 組織から探す > 新事業・経営革新支援課 > 山梨県燃料電池自動車普及促進計画

ここから本文です。

山梨県燃料電池自動車普及促進計画

本計画は、燃料電池自動車(FCV)が市場投入される2015年から5年間に、本県が講じるFCV普及方策・目標等を示すものです。

本県では、この計画を通じ、地域における水素ステーションの安定的な経営に向けた支援を行い、水素エネルギー社会の実現を推進するとともに、燃料電池関連産業の振興に繋げていきます。

山梨県燃料電池自動車普及促進計画(PDF:780KB)

普及初期段階におけるFCV等導入の促進

「新たなエネルギー産業研究会/燃料電池分科会」(資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部主催)試算の販売乗数に基づき推計される値を当面の目標値とし、施策を推進していくとともに、FCVの導入を促進していく。

  • 導入目標台数(2015~2025年)

FCV800台

FCバス10台

施策展開

  • 民間部門への率先導入
  • 地域公共交通機関への率先導入
  • 運輸事業と連携したFCVの導入
  • 公用車への導入
  • FCVユーザーへの特典付与

実施状況

水素ステーションの整備促進

水素ステーション設置の誘致活動を展開するとともに、助成制度を創設することで、整備の促進を図る。

施策展開

  • 誘致活動の推進
  • 整備費用に対する助成
  • その他の支援

実施状況

FCVの普及啓発と情報発信

「燃料電池自動車の先進県」を目指し、普及促進を図る。

施策展開

  • 県民等が身近に体験できる試乗会・展示会の開催
  • 環境教育、人材育成の実施
  • 世界に向けた情報発信

実施状況

燃料電池に関する新産業の創出

燃料電池関連産業の集積と育成を促し、新産業を創出する。

施策展開

  • セミナー、研究会、マッチング支援
  • 産学官連携や共同研究の推進
  • 世界に向けた情報発信(再掲)

実施状況

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部新事業・経営革新支援課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1565   ファクス番号:055(223)1534

広告スペース

広告掲載について