トップ > まちづくり・環境 > リニア中央新幹線 > まんが「リニアで変わるやまなしの姿」発行

更新日:2018年4月6日

ここから本文です。

まんが「リニアで変わるやまなしの姿」発行

 

漫画『ど根性ガエル』作者として有名な山梨県出身の漫画家・吉沢やすみ氏が描く!!

冊子表紙

 ※冊子は、県内全ての小中高の児童・生徒への配布の他、県や市町村の窓口などで配布します。

 ※電子書籍ストア(iBooks,楽天Kobo,Kindle)でも無料配信していきます。

 

 リニア中央新幹線の品川ー名古屋間開業まで10年を切りました。2027年のリニア開業によって、品川駅とは約25分、名古屋駅とは約40分で結ばれるようになります。山梨県にとっては、明治36年の中央本線甲府以東の開通や、昭和57年の中央自動車道の全線開通により飛躍的な発展を遂げた整備に匹敵するもので、圧倒的な時間距離の短縮、国内外の人々との交流や活動の拡大が期待されます。

 しかし、リニアが開業してからの私たちのライフスタイルや本県の将来展望をイメージすることは、なかなか難しい部分があります。そこで、リニア開業後のやまなしの姿がどのように変わるのか、山梨県出身の漫画家・吉沢やすみ先生にご協力いただき、まんがという分かりやすい形で「リニアで変わるやまなしの姿」を描いていただきました。

 このまんがで描かれているのは、未来のやまなしの可能性のひとつですが、これからのやまなしを担っていく児童・生徒を中心とした県民の皆さんに、このまんがを読んでいただき、夢が現実となるリニア中央新幹線の到着に心を躍らせ、明るい未来を実現するきっかけにしていただきたいと思います。

あらすじ

 時はリニア開業から10年たった2037年(今から約20年後)。アメリカから15年ぶりに帰国し、故郷の山梨に住むことになった、ヒロシとヒカルの親子。二人が見て感じた、リニア開業によって変わった山梨の姿とは…?

ピョン吉AIクイズ

 まんがの中に出てきた内容を中心に、リニアに関する問題を○×形式で12問回答するミニゲームになっていますので、まんがを読んだ後に、ぜひ挑戦してみてください。

解説編

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総合政策部リニア環境未来都市推進室 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1540   ファクス番号:055(223)1776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について