トップ > 新着情報 > 平成29年度の新着情報 > 冬季企画展「甲斐市の出土品Ⅱ─双葉・竜王の遺跡─」を開催いたします。(山梨県立考古博物館)

更新日:2017年12月9日

ここから本文です。

冬季企画展「甲斐市の出土品Ⅱ─双葉・竜王の遺跡─」を開催いたします。(山梨県立考古博物館)

画像:塔之越経塚出土・経筒

塔之越経塚出土・経筒(県指定文化財)

県立考古博物館では、平成29年度冬季企画展「甲斐市の出土品Ⅱ─双葉・竜王の遺跡─」を開催いたします。

甲斐市は竜王町・敷島町・双葉町の合併により、平成16年9月に誕生しました。市内には縄文時代から近世に至るまで多くの遺跡がありますが、このうち旧双葉・竜王エリアには赤坂台古墳群と称される古墳時代終末期の円墳が分布しています。
本展では甲斐市内の遺跡のうち、甲斐市教育委員会や山梨県埋蔵文化財センターが旧双葉長や旧竜王町の頃から取り組んできた双葉・竜王エリアの発掘調査の成果をご紹介しながら、甲府盆地北西地域の歴史について考えます。

また、平成30年1月6日(土曜日)には甲斐市教育委員会より講師をお迎えし、ギャラリートークを開催いたします。ぜひ、本展のご観覧と合わせてご参加ください。
皆様のご来館をお待ちしております。

詳しくは山梨県立考古博物館のホームページをご覧ください。

画像:竜王2号墳出土・帯金具・杏葉

竜王2号墳出土・帯金具・杏葉

画像:平成29年度冬季企画展のご案内

平成29年度冬季企画展のご案内

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について