トップ > 新着情報 > 平成25年度の新着情報 > 富士山の「登録」決定に関する知事コメント

更新日:2013年6月22日

ここから本文です。

富士山の「登録」決定に関する知事コメント

カンボジアのプノンペンで開催されている第37回ユネスコ世界遺産委員会において、本日6月22日、15時28分頃(日本時間17時28分頃)、富士山についての審議が行われ、「記載」との決定がなされた。
 これまでの長年にわたる地元住民や関係者の多大な御理解と御尽力に対し、敬意を表するとともに心から感謝を申し上げる。
 古(いにしえ)より、富士山は日本人の心の拠り所として大きな存在感を持っている。
 日本の宝である富士山が人類共通の宝となったことは大変喜ばしく、また誇りに思う。
 一方で登録にあたっては、来訪者管理戦略の策定や開発の制御など保存管理に係るいくつかの課題が提示されている。
 これらの課題を確実に解決し、次の世代へ「富士山」の価値を継承するため、思いを新たにして、国や静岡県、関係市町村、地元関係者と緊密な連携を図りながら、全力で取り組んで参りたい。

平成25年6月22日
 山梨県知事 横内正明

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総合政策部広聴広報課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1336   ファクス番号:055(223)1525

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について