トップ > くらし・防災 > 国際・海外 > 国際交流・国際協力 > 内閣府青年国際交流事業

更新日:2017年1月30日

ここから本文です。

内閣府青年国際交流事業

経緯

 

内閣府では、日本と世界各国の青年との交流を通して、相互理解と友好を深め、広い国際的視野と国際協調の精神を身に付けた次代を担うにふさわしい青年を育成するため、青年国際交流事業を実施しています。

この事業には、「国際青年育成交流」「日中・日韓青年親善交流」「東南アジア青年の船」「次世代グローバルリーダー事業「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」」「地域課題対応人材育成事業「地域コアリーダープログラム」」等があります。(詳しい事業内容・応募資格はこちら
青年の皆さんが、これらの事業に積極的に参加し、その経験をいかして地域、職場、学校または青少年団体等において国際交流活動、青少年活動などを活発に行い、社会に貢献していただけることを期待しています。ぜひ、御応募ください。

内閣府青年国際交流事業写真


平成29年度の募集内容

募集期間

平成29年2月1日(水曜日)から3月17日(金曜日)まで

応募資格

  1. 平成29年4月1日現在で18歳以上30歳以下の方(ただし、「地域コアリーダープログラム」については23歳以上40歳以下の方)
  2. 山梨県在住、または山梨県に住民票、または実家のある方
  3. 本事業のプログラムに事前研修からすべて参加できる方(事業によって日程が異なりますので、必ずご確認下さい。)
    ※勤務先等の参加許可が必要になります。

応募方法

所定の参加申込書作文、健康診断書を県社会教育課まで持参、または郵送してください。

(県庁での受付は平日9時から17時までです。土日祝祭日は入庁できません。

郵送の場合は3月17日(金曜日)必着です。)

  • 応募要領及び応募様式等をご希望の方は、県社会教育課(電話055-223-1356)に請求して下さい。または、内閣府青年国際交流ホームページで閲覧、ダウンロードをして下さい。

 ba-na-28

  • 作文について
テーマ

本事業に参加することになった場合

  • 事業の活動の中で何をしたいか
  • 帰国後その経験をどのように活かすか

という点を中心に具体的に記述して下さい。

題名は自由です。(ただし、「青年社会活動コアリーダー育成プログラム」についてはテーマが別になりますのでご確認下さい。)

字数

1,200字以内(題名及び氏名は字数に含まない)

書式

縦A4判横書き、題名、氏名及び字数を明記してください。

(できるだけ、パソコンで作成して下さい。)

選考の流れ

応募者は中間(第1次)選考試験(県教委で実施)を受けます。中間選考試験に合格した場合、内閣府での第2次選考試験及び最終選考(事前研修)を経て決定します。

中間選考試験

日時平成29年4月8日(土曜日)(予定)※時間は、後日応募者に連絡します。

場所

山梨県立青少年センター(予定)

(所在地、電話番号等はこちら

内容

個人面接(予定)

 

 

なお、中間(第1次)選考試験の正式な詳細につきましては、募集期間終了後、応募者宛に改めて通知いたします。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会教育庁社会教育課 
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1356   ファクス番号:055(223)1775

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について