トップ > 富士山世界遺産センター展示ガイドアプリのナレーターに松岡修造氏を起用

ここから本文です。

発表日:2016年3月24日

発表資料

富士山世界遺産センター展示ガイドアプリのナレーターに松岡修造氏を起用

経緯

松岡修造氏のナレーション収録風景

・平成25年3月、「山梨県富士山世界遺産センター(仮称)整備基本計画(案)」を策定
・平成25年6月22日、世界遺産委員会において富士山を世界文化遺産に記載することを決定(6月26日、富士山を世界文化遺産に記載)
・平成27年12月15日、世界遺産センター建設工事完了
・平成28年2月29日、世界遺産センター展示工事完了
・平成28年6月22日、山梨県立富士山世界遺産センター開館予定

内容

ふじめぐり画面

○山梨県立富士山世界遺産センターは、平成28年6月22日に開館予定であり、現在、開館に向けた準備を進めている。
○富士山世界遺産センター情報システムの中核機能として、国内外からの来館者が分かりやすく展示体験できるスマートフォン展示ガイドアプリを構築し、平成28年4月頃にリリース予定。
○センターの展示を、映像・音声・文字などを使って分かりやすく解説するガイドアプリの構築にあたり、日本人誰もが分かる著名人であり、伝える力がある富士山フェローの“松岡修造”氏を起用した。
1.音声ナレーター(展示ナビゲーター)
 松岡修造氏(氏の略歴については別紙参照)
 ○指導者としても活躍している氏は、スポーツキャスターや各種メディアのナレーションなど多方面で活躍している。
2.展示ガイドアプリリリース時期
 平成28年4月上~中頃を予定(音声収録については、2月15日に収録済)
3.展示ガイドアプリ内容
◯館内の展示アイテムに近づくと自動的に展示案内を行う機能。(音声、画像等)
◯スマートフォンのカメラを使用したAR表示を行う機能。
◯多国語(7言語)対応
 ○モデルコースによる案内やデジタル御朱印帳機能 など
4.松岡修造氏のコメント
 今日から君は富士山だ、感じてみようよ富士山のように。
 僕は、富士山の思いを言葉にしてきました。そして、力をもらってきました。
 だからこそ、富士山世界遺産センター展示ガイドアプリナレーターに参加できたこと、嬉しく感じます。
 僕の本気の思いを言葉に込めました。みなさんもぜひ感じてください、富士山を!

ふじめぐりトップページ

ふじめぐり画面2

ふじめぐり画面3

ふじめぐり画面4

ここまで本文です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部世界遺産富士山課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1316   ファックス番号:055(223)1781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 緊急・災害情報
  • やまなし防災ポータル

山梨の魅力

  • イベントカレンダー
  • 広報(広報誌・広報番組・発表資料)
  • よくあるお問い合わせ
  • 各種お問い合わせ

広告スペース

広告掲載について