トップ > 広報(広報誌・広報番組・発表資料) > 平成30年度の発表資料 > 富士吉田西桂スマートインターチェンジについて

発表日:2018年7月11日

ここから本文です。

発表資料

富士吉田西桂スマートインターチェンジについて

概要・経緯等

○国は、高速道路の利便増進を図るため、スマートICの整備を推進しており、山梨県では、富士吉田西桂スマートICの整備に積極的に取り組んできた。
○当該スマートICの整備により、国道139号の渋滞緩和、富士山噴火にともなう防災時対応および緊急輸送路としての利用、救急医療アクセスの向上、企業活動の活性化、観光地アクセスの向上などが期待される。

内容

富士吉田西桂スマートインターチェンジについては、事業者である中日本高速道路 株式会社、県、富士吉田市などの関係者で構成される、「富士吉田西桂スマートインターチェンジ地区協議会」において、次のとおり河口湖方面の開通日時が承認されました。(詳細については、別添資料参照)

○開通日時
河口湖方面:平成30年8月6日(月) 13時~

※東京方面 平成30年4月15日 開通済

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部高速道路推進課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1690   ファクス番号:055(223)1693

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?