トップ > イベントカレンダー > 特設展「童話の花束 子どもたちへの贈り物」開催

発表日:2018年7月15日

ここから本文です。

特設展「童話の花束 子どもたちへの贈り物」開催

大正期を代表する小説家・芥川龍之介、「赤毛のアン」の翻訳で知られる村岡花子、腕利きの編集者だった前田晁(あきら)、……みんな子どもたちのために童話を創作しています。このほか「お母さん童話」の徳永寿美子、動物読物の太田黒克彦、アンデルセン童話を翻訳した矢崎源九郎など山梨ゆかりの文学者の児童文学作品を紹介します。

童話の花束チラシ1

おもな展示資料
【 原稿・草稿】
・芥川龍之介「アグニの神」草稿 当館蔵
・前田晁(あきら)『少年国史物語』原稿 当館蔵
・太田黒克彦『マスの大旅行』草稿 当館蔵
・太田黒克彦『小ぶなものがたり』草稿 当館蔵
【書簡】
・芥川龍之介 鈴木三重吉宛書簡 1919(大正8)年11月9日 当館蔵
・村岡花子 前田晁宛書簡 1927(昭和2)年10月27日 当館蔵
・矢崎源九郎 小林冨司夫宛書簡 1954(昭和29)年5月29日 当館蔵
【書画】
・徳永寿美子「童話とともに四十とせをへにけりただひとすじに」色紙 当館蔵

童話の花束チラシ2

開催日時

  • 2018年7月14日(土曜日)から2018年7月30日(月曜日)
  • 2018年8月1日(水曜日)から2018年8月26日(日曜日)

2018年7月14日(土曜日)~8月26日(日曜日)

開催場所

名称 山梨県立文学館
住所 甲府市貢川1-5-35
電話番号 055-235-8080
ファックス番号 055-226-9032
ホームページ 山梨県立文学館ホームページ

交通手段

甲府駅からのアクセス
甲府駅バスターミナル(南口)1番乗り場より
御勅使(みだい)・竜王経由敷島営業所・大草経由韮崎駅・貢川(くがわ)団地各行きのバスで約15分
「山梨県立美術館」下車。(料金:片道280円)

■中央自動車道甲府昭和インターチェンジより約10分
料金所を昇仙峡・湯村方面へ出て、200m先を左折、西条北交差点を左折、アルプス通りを約2km直進、貢川(くがわ)交番前交差点を左折、国道52号を約1km左側。

料金

常設展観覧料でご覧いただけます。
一般 320円(250円) 大学生 210(170)円

*( )内は20名以上の団体料金、県内宿泊者割引料金。
* 65歳以上の方、障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方、並びに高校生以下の児童・生徒は無料です。

主催

名称 山梨県立文学館
住所 甲府市貢川1-5-35
電話番号 055-235-8080
ファックス番号 055-226-9032
ホームページ 山梨県立文学館ホームページ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会文学館 
住所:〒400-0065 甲府市貢川一丁目5-35
電話番号:055(235)8080   ファクス番号:055(226)9032

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について