更新日:2011年8月22日

ここから本文です。

観光地の放射線量の公表等について

ご質問

よく山梨県には遊びにいっております。そこでお願いなのですが、観光地の地表の放射線量を詳しくのせてほしいです。
夏にもでかけたいと思っていますが、参考にしたいとおもっています。(清里、小淵沢、河口湖、富士山等)
あと、県の農産物の放射性物質のモニタリングはされているのでしょうか。

回答

いただいた「観光地の放射線量の公表等」の件について、東日本大震災支援対策室と農業技術課からお答えします。

まず、「観光地の放射線量の公表」についてです。
山梨県では、この度、県民や観光客の皆様の放射性物質に対する不安感を少しでも払拭していただくため、保育園や小中学校、公園など県内100箇所を対象として、地上1メートル及び5センチメートルの高さにおける空間放射線量率の調査を実施することといたしました。
調査は7月22日から開始し、8月中旬までにすべての調査を終了する予定で、調査結果については、次のホームページで随時公表して参ります。
http://www.pref.yamanashi.jp/shien/surveillance.html
なお、観光地周辺の保育園や小中学校、公園なども調査対象としておりますので、こちらの数値を参考にしていただければ幸いです。

次に、「農産物の放射性物質」についてです。
本県産の農産物の放射性物質検査については、これまで「お茶」、「モモ」、「ブドウ」、「スモモ」について実施しました。お茶で放射性セシウムが検出されましたが「暫定規制値以下」、その他の果物については全て「不検出」となっており、安心してご購入いただけます。また、検査結果については、県のホームページでご確認いただくことができます。
http://www.pref.yamanashi.jp/kinkyu/110311index.html
その他の農産物については、それぞれの作物が市場に本格的に出荷されるタイミングなどを考慮し、順次検査をしていく予定です。検査品目とスケジュール(予定)については、次のホームページでご覧いただくことができます。
http://www.pref.yamanashi.jp/release/koucho/2307/shien20_1.html
なお、当該検査の結果についても、直ちにホームページ等で公表することとしております。

これ以外にも、山梨県では、水道水の検査も今後実施し公表して参りますので、こうした検査の結果をご覧いただき、●●様には安心して山梨県にお越しいただければ幸いです。

受理日 2011年07月19日
回答日 2011年07月26日

広告スペース

広告掲載について