山梨県警察本部 > 県警察について > 組織紹介 > 総務室 > 総務課 > 広報だより > 家出少年等の早期発見にご協力を

更新日:2018年9月10日

ここから本文です。

家出少年等の早期発見にご協力を

家出の絵休み期間中及び夏休み明けの時期は、家出をする少年が増加する傾向にあります。

出中は児童買春、深夜労働、年少者雇用といった福祉犯罪の被害に遭うことが多く、非常に危険です。

年の家出は未然防止を図ることが一番です。

然防止のためのポイント
  • 子供の役割を尊重したり、存在を認めたりし合えるような人間関係を築く
  • どんな小さな悩みも、真剣に聞いたり、何でも話し合えたりできる家庭をつくる
  • 過保護、放任で甘やかすことなく、重荷に耐え、困難に打ち勝つ心の抵抗力を育てるよう心がける
  • 家出前には何らかの兆候が表れるので、本人の生活態度や友人の行動等の変化にも気を配る

万が一、家出が分かったときは、管轄の警察署に「行方不明者届」を出して早期に発見・保護することが、非行防止や犯罪被害者とならないための決め手となります。

夜一人でうろついているなどの不審な行動をしている少年を見かけたら、「一声」掛けたり、警察に通報したりするなどして家出少年の早期発見にご協力をお願いします。

お問い合わせ先

県警察本部少年・女性安全対策課TEL055-221-0110(代)