更新日:2018年5月29日

ここから本文です。

防災意識の高揚について

 私たちの暮らしの中で、台風や局地的大雨(ゲリラ豪雨)などの風水害、今後30年以内に発生する確率が高いとされる大規模地震は、身近に存在する災害の脅威と言えます。
 その脅威から少しでも被害を軽減させるため、日頃からの「減災対策」に心掛け、防災訓練にも積極的に参加し、予測困難な大規模災害へ備えて下さい。

 ところで、次のことは大丈夫でしょうか?

 今一度、確認して下さい。 

防災

常に新しい気象情報の入手

台風、大雨、洪水などの警報・注意報に気をつけましょう。

非常持ち出し品のチェック

非常持ち出し品の準備は大丈夫ですか。誰が何を持ち出すか決めてありますか。

  • 現金、預金通帳等の貴重品
  • 懐中電灯、ラジオ、携帯電話、非常食、水筒、医薬品、タオル、下着等

家の周りの点検

自宅の周りに危険な場所はありませんか。

また、雨戸や屋根、雨どいなどの家の点検もしましょう。

連絡方法や集合場所の確認

家族や知人との連絡方法や集合場所は決めてありますか。

避難経路や避難場所の確認

自分が住んでいる地区の避難場所と避難経路を確認しておきましょう。

お問い合わせ先

 県警察本部警備部警備第二課TEL055-221-0110(代)