トップ > しごと・産業 > 農業・水産業 > 農業振興 > 農薬・肥料情報 > 肥料中の放射性セシウム測定のための検査計画及び検査方法について

更新日:2012年3月14日

ここから本文です。

肥料中の放射性セシウム測定のための検査計画及び検査方法について

平成23年8月5日、農林水産省から、肥料中の放射性セシウムの測定について、暫定許容値との適合性を判断するための検査計画、検査方法が示されました。(8月10日一部改正)

 

農林水産省からの通知の概要は以下のとおりです。(詳細は通知を参照してください)

検査対象となる肥料

  • 牛ふん堆肥
  • 雑草堆肥、稲わら堆肥等
  • バーク堆肥

検査対象、検査主体

1牛ふん堆肥

1.牧草の放射性セシウム濃度が300Bq/kgを超える地域が存在する県

→本県は該当していません

2.原発事故以後に収集された稲わらが流通している道県

→本県は該当していません

3.3月11日以降、300Bq/kgを超える粗飼料を育成牛、繁殖牛に給与した若しくはその可能性のある畜産農家又は汚染稲わらを牛に給与した畜産農家から、育成牛、繁殖牛又は牧草が相当数又は相当量移動された地域

→本県は該当していません

 

1.~3.に本県は該当しないため、検査は必要ありません。

2雑草堆肥・稲わら堆肥等

空間放射線量率が平常時の範囲(小数点以下第2位を四捨五入して0.1μSv/h以下となる範囲)を超えたことがある17都県

→本県は検査対象地域に含まれており、現在、農林水産省と検査計画の協議を行っています。なお、県として確認検査を行う予定です。

結果については県ホームページ等で公表します。

 

雑草堆肥検査結果(PDF:32KB)

3バーク堆肥

空間放射線量率が平常時の範囲(小数点以下第2位を四捨五入して0.1μSv/h以下となる範囲)を超えたことがある17都県

→本県は検査対象地域に含まれています。各製造業者による検査をお願いします。

4腐葉土、剪定枝堆肥

生産・出荷又は施用を行う場合は、農業技術課までお問い合わせください。

 

リンク先

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部農業技術課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1616   ファクス番号:055(223)1622

山梨県農政部畜産課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1608   ファクス番号:055(223)1609

山梨県森林環境部林業振興課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1653   ファクス番号:055(223)1679

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について