トップ > 富士の国 やまなしの魅力 > 冬季国体スケート競技会

富士の国 やまなしの魅力

ここから本文です。

冬季国体スケート競技会

第73回国民体育大会冬季大会スケート競技会

1 会期

平成30年1月28日(日曜日)~2月1日(木曜日)【5日間】

※冬季インターハイ:H30年1月22日(月曜日)~26(金曜日)・5日間

2 会場地・競技会場・実施競技

会場地

競技会場

実施競技

甲府市

小瀬スポーツ公園アイスアリーナ

ショートトラック・フィギュア

富士吉田市

富士急ハイランドセイコオーバル

スピード

開始式及び表彰式:富士吉田市民会館 富士五湖文化センター

3 参加人数

約1,000人(選手・監督・都道府県本部役員)

※概要等の詳細は国体推進室のホームページをご覧下さい。

スピード

スピードスケートはダブルトラックレースシングルトラックレースがあり、国体のスピード競技ではシングルトラックレースを採用しています。ダブルトラックレースは2名または4名の競技者が、2つの競技レーンを1周ごと交互に滑走して順位を決めるタイムレース方式に対して、シングルトラックレースでは、数名以上の競技者が単一滑走路で同時にスタートして競技を行う予選決勝方式になります。

国体では責任先頭制を採用しています。責任先頭制とは、トラックのホームストレートとバックストレートの中央に線を引き、この線上を通過するときに規定回数以上、先頭で通過することでポイントが与えられます。シングルトラックレースはこのポイントと着順で、順位を決める競技です。

スピードスケート1スピードスケート2

ショートトラック

ショートトラックはフィギュアやアイスホッケー競技と同じタイプのリンクを使用し、1周111.12mのオーバル(楕円形)トラックによって競技を行います。数名の選手が同時にスタートして着順を競い合い、各レースの1位、2位が予選、準々決勝、準決勝、決勝と勝ち抜いていく競技方法です。レース中、選手はいつでも追い抜くことができ、目まぐるしく展開していきますが、追い抜く際に相手選手を引っ張ったり、押したりするなど妨害行為を行うと失格になります。リレー競技は1チーム4名で編成され、それぞれの選手の滑走距離は定められてなく、最後の2周を除いて交互に何度でも中継することができます。(通常1~2周で中継される)バトンは使用せず、タッチ(次の走者の腰を強く両手で押し出す)で行うもので、このリレーの競技方法は、ショートトラック独特のものです。

ショートトラックショートトラックリレー

フィギュア

フィギュアスケーティングは、北欧において獣骨を用いたりして氷上を滑ったことから発達したものです。本格的にフィギュアスケーティングとして発達したのは18世紀頃からで、その名の由来は、線によって示された図形(フィギュア:figure)を氷の上に描写することからきています。

フィギュアスケートは、1)シングル・スケーティング(個人競技)、2)ペア・スケーティング(男女2名が組で行う)、3)アイス・ダンス(男女2名が組で行う)、4)シンクロナイズド・スケーティングが有り、国体ではシングル・スケーティングのみが行われます。

シングル・スケーティングは、ショート・プログラム、フリー・スケーティングの順で行いますが、国体ではショートプログラムを全競技者が行い、上位24位までの選手がさらにフリースケーティングを行います。それぞれ国際スケート連盟フィギュア競技規程の基準で採点され、両者の合計点で順位が決定されます。

フィギュアスケート

テーマ・スローガン・シンボルマーク・マスコット

  1. テーマ「富士の国やまなし国体」
  2. スローガン「今、君は 氷上の風になる」
  3. シンボルマーク
    2018シンボルマーク
  4. マスコットキャラクター
    マスコットキャラクター武田菱丸
    スピード競技 ショートトラック競技 フィギュア競技 共通使用

*(公社)やまなし観光推進機構の「富士の国やまなし観光キャラバン隊長」である

「武田菱丸」をスケートバージョンに変更し、大会を盛り上げていきます。

詳しいプロフィールは(公社)やまなし観光推進機構のホームページをご覧下さい。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?